フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Email from Tucson (my family of USA)
JUGEMテーマ:旅行
 
Sherri Sunshine.jpg

ツーソンから、私のUSAの家族以上に大事な友人のSherriさんと、Sunshineさんご夫婦の

写真が届きました。

ターコイズ屋さんのSunShineさんと原石バイヤーのSherriさんは、古くからの友人だったそうです。羨ましいな。。。

Jim and Sherri.jpg

My Big Daddy Jimさん(中央)と、My super Mother Sherriさん(左)

いつも、ありがとうございます。ツーソンは、ポカポカ陽気で初夏のようらしいです。



ジム! それ、私のターコイズ!? ジムはいたずら好きで陽気なアメリカ人で、すごくいい人。

シェリーは、もっと陽気で、すごくやさしい人です。


ターコイズとピンク ラブラドライトの写真送って!・・・と、メールしたら、

今日エアメールで、送っちゃったよ(笑)だって。

ま、楽しみにしてます。


Thank you! Sherri and Jim 

ターコイズ放浪記(USA) - -
ナバホ コードって知らなかった


8日のThe Dally Yomiuri新聞に、ナバホ族に関連した興味深い記事が掲載されていた。

アメリカで、ナバホ コードを操る元海兵隊員が亡くなられた。
首から下げているのは、ターコイズ。
ネイティブ アメリカン(インディアン)なのだろう。

私がこの記事で興味深いのは、ナバホ コードと呼ばれる暗号の存在。

ナバホ族の言葉は、幼少の頃から聞き慣れていないと、言語として難しくそれを暗号の一つに利用したという事実。

第二次世界大戦で、ネイティブがいや、ナバホ族の言語が暗号として活躍していたなんて。

誰が想像できただろうか…。
しかも、日本軍を撹乱する為に使われていたなんて。

私は、幸い戦争世代ではない。

だから、アメリカは第二の故郷だと思っているし、SherriやJimは優しく笑顔の素敵なアメリカ人だ。

ましてや、ネイティブ、ナバホ族、ターコイズ。大好きである(笑)

ナバホ族と暗号通信…。

そんなナバホ コードなんて暗号があったんだなぁ。

ナバホ コード トーカーが亡くなられたという記事に思わず…うーん( ̄▽ ̄)

過去の記憶、故郷へ意識がフッ…と、飛んだ気がした。

ナバホ コードかぁ。。。

しかし、この写真。
ターコイズが良く似合う…と思うのは、私だけだろうか?

ご冥福をお祈りします。




ターコイズ放浪記(USA) - -
DANGAN SILVER PENDANT

DAN001.jpg

DANGAN SILVER VER.03




DANGAN SILVER PENDANT

ハートを撃ち抜け! ダンガン シリーズ

第三弾!シルバーの弾丸をトップにセットしたDANGAN PENDANT

とりあえず、2つ制作です。

薬莢部分は、たいチョン達とUSAで実際に射撃したものを輸入して使用しています。

(^^;;自己満足、大事大事(笑)
ターコイズ放浪記(USA) - -
DANGANの素を製造しているところ。
 
drive2.jpg


DANGANに使用する薬莢はこうして作られた!?(^^;

YouTube動画

たいチョン ショット ザ ボトル! ウイズ ジム

http://www.youtube.com/watch?v=8Y4mEdKbA3I

遊んでいるのでは、ありません(笑)

・・・仕事です。仕事。(−−;

ターコイズ放浪記(USA) - -
ロイストン ターコイズ ペンダント


アメリカ、ネバダ州の鉱山で採掘したターコイズ。



母岩を切り落として小さくします。





研磨機で、形を整えます。



アメリカの夕食。お肉にポテトに・・・コークに(笑)

作業再開・・・(^^;




ターコイズを研磨して仕上げます。
ナチュラルな原石です。

ここまでが、アメリカで。



そして、カボションを日本へ持ち帰りまして…。




更に、研磨して大きさや形を変更します。(デザイン)





模様をみながら、最終的に丸く研磨しました。(なんとなく・・・。)




ベゼルは、ロイヤルシルバーレースを使用し、ベース部分を制作します。




固定してハメ込み、ベゼルを内側に倒して留めます。



ロイストン ターコイズ ペンダントが完成です。




空の石、水の石、ターコイズ。
大地のカケラには、私たちのこだわりや楽しい思い入れがあるのです。(笑)



鉱山の採掘から、原石カット、カボション研磨、そしてペンダント制作まですべての工程を自社工房で。これがやってみたかったんですよね(笑)

Royston turquoise pendant 19/Nov/2011制作 10.0ct



ターコイズ放浪記(USA) - -
<< | 2/64 | >>