フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
チーム烏骨鶏とチーム三色丼・地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

0730-001.jpg

チーム烏骨鶏 キンちゃん、ギンちゃん、シロちゃん、ツートン、ロクちゃん。

シロちゃんの頭は個性的だ。ロクちゃんと同じ白い色だったのですが、アタマが違うんですよね。

あとは、性格的なものや個性が出てくるんです。面白いですよ。ニワトリって。庭から出ないし。

 

0730-004.jpg

チーム 三色丼、キイロ、クロちゃん、うずら。

最近、めきめきと巨大化している3羽

 

納豆ヨーグルトが大好き。入れ物を見せるだけで大騒ぎするくらい。

雑草処理も追い付かなくなるほどの食欲。猫草の食べ残しも追い付かないので、小松菜と白菜の細切れを与えるようになりました。

 

0730-002.jpg

散弾銃の調整。レーザーサイトを・・・。銃は撃つことで慣れる。そう信じている。

 

0730-003.jpg

レーザーサイトを取り付けた散弾銃は、銃カバーに入らなくなってしまった。

そこで、工業用ミシンでジーパンを散弾銃カバーに。

いい感じ!と思っていたら、、、足を上げているように見えるって???

 

地球屋フォアテイルズ

 

 

 

狩猟生活 - -
烏骨鶏の孵化、26〜27日(7月/2020年)、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

昨夜から見張っていたのに、孵化が始まったのは翌朝の8時過ぎ。

 

烏骨鶏の孵化 16個中、停止卵2個、生誕3個、死誕1個

 

かなり、孵化率が低い。18%程度。(27日時点で)

 

0728-001.jpg

烏骨鶏(本日7/27孵化)

 

卵の大きさは、Sサイズ。

不思議なのは足の指の本数が、普通の鳥類よりも多い事。

さすが、不老不死の霊鳥。(中国)

 

烏骨(黒い骨)という名が示す通り、皮膚、内臓、骨に到るまで黒色である。羽毛は白と黒がある。成鳥でもヒヨコ同様に綿毛になっている。、中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材と呼ばれた歴史がある。実際、栄養学的に優れた組成を持ちまた美味であるため、現在でも一般的な鶏肉と比較して高価格で取引されている。また、卵も同様の理由により非常に人気が高く、産卵数も週に1個程度と少ないことから、一般的な鶏卵と比較して非常に高価であり、日本では1個500円前後が相場である。

 

日本にやってきたのは江戸時代である。 性格は非常に大人しく、寿命は10〜15年である。(ウィキペディアより抜粋)

 

地球屋フォアテイルズ

 

寿命ながっ!!!笑

 

 

 

ログハウス生活 - -
烏骨鶏の孵化が始まりました。地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

愛媛県に移住して、「天草大王(ニワトリ)」を孵化させて30日ほどが経過し、3羽の中雛が元気に育っています。

 

キイロのキーちゃん。

クロいのでクロちゃん。

うずらみたいな模様のうーちゃん。

 

最近、うーちゃんが鶏舎に入りたがりません。遊びたいようですが、、、この辺りは野良猫や野良カラスがいるので放置するわけにはいかないんです。中雛では、ちょっと危ない。もう少し大きくなれば襲われにくいとは思うのですが。少なくともカラスよりも大きくならないと不安(日本最大のニワトリなので、そこは時間の問題w)

 

いましばらく、監視員のいる場所で遊ばせようと思います。

 

キイロ・・・白っぽくなって黒い斑点模様がでてきた。。。

食欲が旺盛で一番大きい。<天草大王>

 

0726-001.jpg

烏骨鶏の孵化

昨晩から始まりました。。。現時点では4個の卵に嘴打ち痕跡。(内部からの割れ)が認められます。。。

 

この状態で、ほぼ一晩変わらず。中では動いている様子なので、死んではいないと思います。

お尻から卵黄を吸収して、一気に割って出るのだと思いますが、それにはここから24時間必要です。

 

上手に殻を割り、脱出できるか・・・。これは、失敗=死なので、命がけの脱出劇です。

湿度を上げて、卵膜などが乾きにくくしてあげています。

 

天草大王の時は、これで1羽亡くなりました。。。21日間も昼夜温度。湿度管理に気を付けて育ててくるので、ここで亡くなるのはとても残念!!!今回はどうでしょうか?

 

今回は、転卵を止めていません。

3日前に転卵を停止する方法が一般的らしいのですが。ニワトリのメスって、そんなこと考えるのかな?と。

たぶん、気にせずにいつも通りに処理するのでは?

そんな気がして、検卵もしていません。転卵も止めていません。

 

転卵を止めると、別容器に移動させなきゃいけないので、そのリスクもあります。

その間に卵の温度・湿度が下がると孵化率が落ちてしまうと思うのです。実際、検卵で室温にさらした卵は停止卵になることも多いのは、誰もが知る話です。(だが、見たい気持ちもわからないではないが)

 

つまり、環境をそのままでしてみた・・・。というチャレンジです。

実験は、次につながるヒントになるのです。

試作、実験、考察、、、この繰り返しです。

 

地球屋フォアテイルズ

 

月末に、季刊誌 「けもの道」さんの取材が入ります。

北条猟友会会長の小崎さんの依頼で、狩猟者講習会(8/2開催予定)のお手伝い(猪皮や、試作品の貸し出し)をすることになりました。

 

猟銃(散弾銃)に、レーザーサイトを取り付けて、目線が上がり銃床に頬付けができなくなりました。ベント高を補助パーツを作って取り付けて調整したいと思います。

 

散弾銃の許可申請(2丁め)、上下二連式散弾銃(クレー射撃スキート用)を登録します。

 

ワナ猟の罠を設置予定です。今週中に準備を開始します。

 

スウェディシュトーチの試作品を試します。これも、販売するかも知れません。

 

 

 

 

 

ひとやすみ - -
ヒヨコ育成器の作り直し(4個目)3、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

まず、なんで「ヒヨコ」を育てているのか?という話から。。。

まあ。愛媛県に大阪府から突然移住することになったのが昨年の話。

そして2019年10月に愛媛県民となった。

 

山主となり、罠にかかる大きな角の鹿を見た。正直驚いた。市道から500mほどのところで。

そして、猟師になろうかな?で、狩猟免許の一種(散弾銃)とワナ猟を取得した。これが12月。

散弾銃の所持許可を申請して7月所持許可がでて今に至る。

 

ヒヨコが出てこない?そう。これはキッカケの話。

 

イノシシの牙やシカの角でアクセサリー制作をして猟友会にも入った。その関係で猟師の講師と知り合い

「けもの道」の編集者さんと知り合いになった。プレ取材に遊びに来られて、意気投合(笑)

 

この「けもの道」の編集者さんが、「天草大王」(熊本県産)を2匹飼っていて、新鮮な生卵を食べている・・・という。

生卵・・・卵かけご飯が大好きなので、この話に引き込まれてしまった。日本で最大のニワトリ。。。

7キロにもなる小型犬並みのサイズのニワトリ。。。気になる!!!

 

どうやって有精卵が手に入るのか?

ヤフオク!?なるほど・・・。

 

早速、6個の有精卵を即決で落札する。その数日後に卵が届くが、、、ふ卵器を持っていなかった。

ヒーターと衣装ケースでの加湿と転卵。二日間マニュアルで転卵(−−;すごく大変。

機械を購入しても中国製のモノ、動くけど・・・いわゆる性能・・・つまり質が悪いので、いろいろ信用できない。表示温度も違うので、ヒーター温度管理は内部に設置した温度湿度計で管理している。

 

そして、天草大王が生まれ、育成箱で先日まで育てたものの、2週間もすると発泡スチロールの箱は穴だらけ・・・。

さらに烏骨鶏とアローカナを孵化開始。。。これは、烏骨鶏の孵化に失敗したから。天草大王の孵化温度が高めなのだ。

それが、気になって。アローカナ(青い卵を産む)6個と烏骨鶏6個、それ以外に烏骨鶏10個を取り寄せて孵化器に。

 

まだ、いろいろ知識がないので苦心惨憺してなんとか3匹の天草大王をヒヨコに育てた。

 

残った発泡スチロールの育成箱・・・こりゃ、、、ダメだな。というわけで木製の箱にして部屋置きできるデザインに変更。

 

0718-001.jpg

ラックは、さくらの湯の物産センターで撃っていた木製ラック1,500円をベースにして、箱を制作。棚の一番上が育成箱。一番下がふ卵器。システムチックな棚に仕上がった。

 

0718-002.jpg

必要な機能はすべて組み込んだ。温湿度の管理、ヒーター、コントローラー、PC用のファン(内部にフィルター)、実はファンは風が強いので、スポンジのフィルターで風量を抑えている)、監視窓、焼き網(いや、食うのではなく空調用の)

 

0718-003.jpg

散弾銃のセッティング。レーザーポインタ、標的は逃さない。あのグリーンのポイントに弾が・・・。スイッチを左手の親指があたる部分に取り付け。銃身を握りこむとレーザーが獲物に照射されその瞬間。引き金が引かれる。(予定だ!)

 

0718-004.jpg

チョークは銃口の絞りだ。交換式の銃の場合、いろんな弾(散弾)が使える。鳥からイノシシやシカまで。この絞りはイノシシやシカを狙うモノ。スラグ弾(一発玉)を撃つためのモノ。ズドン!と一発だ。

 

0718-005.jpg

レーザーサイトを取り付けた。これはレーザーポインタのように光が照射されるのではない。電源を入れると赤、または緑色のマーク(選択できる)が見える。それを標的に合わせて静かに引き金を絞る・・・。(予定だ!)

 

0718-006.jpg

銃は3キロくらいあるので、重い。しばらくいじっていると腕が痛くなる。筋トレみたいなものだ。ま、鉄の塊だし・・・。

 

0718-007.jpg

普通は、レーザーサイトとポインターの両方なんて付ける人は、、、あんまりいないと思う。

個人的には、レーザーサイトよりもレーザーポインタの方が使い勝手がいい気がするが獲物に気付かれる可能性がある。光るから。

だが、構えることなく撃てる・・・いわゆる「腰撃ち」ができる。レーザーポインタを獲物にあてた瞬間に引き金を絞れれば良いのだから。。。

 

0718-008.jpg

生きるモノを生み出す機械と、殺戮の道具。

害獣駆除は良い事だが。。。猟師になって思うのだが、精神的にタフな(強い)人は猟師になっても大丈夫。解体したりというと聞こえは良いが、生き物の首を落としたり、心臓を刺したり、頸動脈を切ったり。。。肉屋でもやらない作業が多い。ちゃんと食べ物として考えることができないと、この作業はできない。笑いながら皮を剥いだり、肉を切り取ったり。そんなことが普通にできないと猟師には向いていないと思う。かなりヘビーな世界だ。

 

半面、得るものも多い。「命」を無駄にしない、野山をお肉が走る。と思えれば・・・。この数か月ジビエ三昧だ。イノシシやシカ肉が次から次へと・・・。こんなにいるのか?と思うくらい毎週仕留めることができている。(猟友会の支部全体で)

 

地球屋フォアテイルズ

 

天然石の研磨、シルバースミス(銀細工師)、レザークラフト。

ガラス玉(トンボ玉)の制作。

 

この秋、地球屋フォアテイルズでは、新しいプロジェクトが始動する。

いまは、ジャンプの前。グッとしゃがみ込んで次の準備だ!

 

 

狩猟生活 - -
エリア4開放(1回デッキ付きの部屋)、ツリーハウス計画、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

昨日は、牛革のカードケースと、バングル制作をして、本日(16日)発送した。

ゆうパケットという発送方法を初めて開始。厚さは1〜3センチまで、1キロまで。

送料は300円とした。(袋代などの梱包材込み)この発送方法は、追跡が可能であるのでおススメなんだそうだ。

確かに、レターパックライト370円、レターパックプラスの520円よりもお得感はある。

 

・・・ま、事務処理は少し増えるんだが。

 

0716-004.jpg

デッキ部分は、慣れているが、この部屋には入れないようになっていた。

 

0716-003.jpg

ま、5分もすれば、中を歩き回り、後部の集卵・清掃口へ。

 

0716-002.jpg

明かり取りの窓もあるので、内部はかなり明るい。雨でも大丈夫。風も大丈夫。。。入り口を少し改良すればいいかと思う。

 

0716-001.jpg

で。どうやら、天草大王(キイロとクロ)は、オスのような気がする。成長がとても早い。。。

朝、鳴くようになったら近所迷惑になるので、移設か、移住(山の土地ベースキャンプ(愛称)へ)させればいいかと。。。

タヌキ、イタチ、ハクビシン、野犬、シカ、イノシシ、野ウサギやヘビなどが出る。

あ、あと、空からは、鷹、トンビなどの猛禽類や、カラスなどが狙う。

 

平置きの鶏舎は、下から掘られて狙われる。

どうしようかなぁ?と思っていたら、目についたのが「ツリーハウス」

 

木の上に、鶏舎を作ってしまえば・・・。

とりあえず、設計図を描いてみるか。

ベースキャンプに、木を見に行ってきた。胸の高さくらいに鶏舎を設置できれば守りやすい。

昼は、遊ばせて夕方は鶏舎へ・・・って感じでどうかな?と思っているが、ついでにこの地を開拓しなければならない。

 

それも、アリ・・・かな?

 

それにしても、ヒヨコの成長は早い。

羽根が延び、産毛が抜けて羽根に変わっていく。

ニワトリの成長って、、、何か月で大人になるのか???

 

 

地球屋フォアテイルズ

 

 

 

 

 

ログハウス生活 - -
<< | 2/1106 | >>