フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ターコイズ屋を辞めないでください。と、有難う御座います。地球屋フォアテイルズ

最近、新型コロナウイルスの流行でターコイズ屋を継続することは、難しく。

渡米、渡航の制限の中、海外へ仕入れに行って直接買い付け出来ないのであれば。


ターコイズ屋は、継続することができません。


このところ、閉店しないで欲しい。辞めないでください。と言うお言葉を頂き感謝しております。


現状、在庫切れたら終わり。と言うのが事実ですが、もう少し在庫があるので、来月くらいまでは、何とかなるかも?と、思っています。しかし、それも予想ですのでわかりません。


閉店しない方向で、研磨も辞めない方向で考え、副業にシフトするかも知れません。猟師になり散弾銃の許可を申請中です。こちらも副業で。鹿皮鞣し、鹿革販売、イノシシ革販売、猪鹿革屋、草木染めと彩土染め、アクセサリー制作に革細工屋、これらも副業に。ターコイズでは無い素材も沢山あるので、四国の良さを売りにしてショップへ反映していく予定です。


それぞれが、作業時間を必要とするので、販売項目が増え、ウエイトが減る感じになります。ま、それでも、10年に渡りターコイズを楽しんでいただけたのですから、これはこれで良いのかもしれませんね。


検査技師時代に、ヒトは細菌かウイルスで滅びるんだろうなぁ…と、思っていましたがなかなか良い読みだったと思っています。


もし、神さまがいるとして、地球を一番汚染する生き物を淘汰するならば、、、あなたが神さまなら、クマ?ニホンオオカミ?それともヒト?ウイルスによる無差別な淘汰。


四国にタイミング良く、運良く、関西から移住して、自然豊かで、イノシシや鹿やふきのとうなどを美味しくいただく。新大陸と先輩猟師さんは、言ったがまさにそんな感じです。新型コロナウイルスもココは、あまり影響もなく、太陽と大地と川に恵まれて平和に生きています。四国。良い!笑


話がそれた!


地球屋フォアテイルズは、いまは閉店しません。業務内容は、変わります。時代を読み解きながら。(^^)v


猟師さんは、害獣駆除を春からやります。新米猟師は、最初の一年間は害獣駆除に参加できないのですが、害獣駆除には補助金が市から支給されるのです。そして、近所の農家さんや林業家さんには感謝されるのです。意外と猟師って食べるだけだと思われがちですが、ちゃんと害獣駆除して報奨金が頂けるのです。


害獣駆除、鹿、1万円くらいにはなります。大先輩は、年間100頭で、、、今年は少ない。昨年は200頭獲ったと。そんなに鹿がいるのか?暖冬で山から下りて来ないだけで、実際にはウヨウヨいますね。笑


先輩猟師さんの別荘の裏庭。ウチから20分くらいの距離。毎晩、鹿がウロウロ…。三匹くらい来ているらしいです。


ウチの山にも、イノシシ7匹、鹿4匹がトレイルカメラにて確認されています。市内から車で5分くらいの距離になります。イノシシも駆除対象で、報奨金が出ます。


鹿皮、イノシシ皮、鹿角、イノシシ牙は大部分が捨てられてしまいます。処理が手間ですから。もったいない!…ですよね?資源ですヨ?素材ですヨ?


地球屋フォアテイルズが、処理してあげましょう!って話です。笑


イノシシのお肉は、旨いです。油が旨い。ウチの山にはドングリが沢山あるので、イベリコ豚と同じなんじゃ無い?って話です。



パワーストーン・天然石 - -
<< NEW | TOP | OLD>>