フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
伊予の青石を切る!、イノシシ再び!?、鹿を生かす。地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ログハウス

 

伊予の青石というものが、四国にある。

 

伊予の青石が採れるところ。

 

西条市の加茂川水系や周桑郡の中山川水系では、河川や山中の表層に転石として散在していて、過去には河川から採石されていましたが、現在は自然環境保護や防災の観点から、河川敷の石を採ることは全面的に禁止されています。

つまり庭石などでしか流通していないのです・・・この石。もったいないですね(^^;

 

きれいだから、庭石に使われるわけで。。。

 

青石はなんで青なの?と思った。緑・・・ですよね?今で言えば。

日本語では緑色の野菜を「青菜」、新緑を指して「青々とした緑」などと呼ぶ習慣があった。つまり、「緑」というのは新しい概念で現代では当たり前なんですが、、、日本語の古来の色名は「赤、青、黒、白(いずれも、「〜い」という表現ができる)」の4色と言われています。つまり、「緑」がない!!!和歌の研究によると、「青(あを)」と「緑(みどり)」の区別がつけられ始めたのは平安時代末期〜鎌倉時代なんだそうです。驚きですね。そういえば、子供の頃は信号も緑色を「青信号」と呼んでいた気がする。

 

そんな古典的な名称のなごりもある「伊予の青石」古き良き石なのです。

 

この石はジュラ紀中期(約2〜1.5億年前)に生まれたものだそうです。

 

0210-009.jpg

 

なんか、重みを感じるw

いや、これ、模様があるので、「リボンの伊予の青石」出来るんじゃね???と、思っている。

 

伊予の国。愛媛県を代表するレア・ストーン!だ。

 

0210-006.jpg

 

鹿の頭蓋骨を8時間、ドラム缶で煮て骨だけにしたもの。スープのいい匂いが漂い。ラーメン屋かと思われる・・・。

 

0210-007.jpg

 

そして同時に、これが先週まで「裏庭をカエルのようにピョンピョンしていたヤツの内の1匹」という命の現実もここに垣間見る。

 

0210-005.jpg

 

山に上り、トレイルカメラのメモリーカードを確認する。

タヌキが2匹・・・だろうな?と、思いつつ。。。

 

0210-004.jpg

 

そう。タヌキは夜の9時にここに現れる。時間に正確だ。腹時計か?

 

0210-001.jpg

 

カメラにしっかり捉えた「イノシシ」写そうと思っているので、「米ぬか」の位置を調整している。

 

だから、これは、「撮れた」ではない。「撮った(意図的に)」だ。

 

0210-002.jpg

 

つまり、観察を続けて行動パターンを解析した。

まず、足跡の向き。出現位置、出現後の足の位置。行動。消え去る方向。時間帯。あらゆるデータから推測する。

この空間は、「オレが操る!」フォアテイルズフォックス(笑)

 

0210-003.jpg

 

3匹のイノシシ。背丈は60〜70cm、体重70~100kgくらい。とても、素手では戦えない・・・w

 

0210-008.jpg

 

どうしよう? 「インディアンフライブレッド」を上げる。

ドーナツとパンの中間な食べ物。30分もあれば出来ちゃうのである。

 

フォアテイルズフォックス

 

仕事が溜まってきた・・・。

手が足りん!(^^;笑

 

 

【狩猟】トレイルカメラを仕掛けてみた!(イノシシ再び!?)<Youtube動画 ミューチャンネル>

 

 

 

 

狩猟生活 - -
<< NEW | TOP | OLD>>