フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
天然石研磨機 コマックス社 3連グラポリの新着情報

コマックス社から、光沢研磨用の新しいディスクが発売されました。



研磨 SUBS パッド 粘着テープ付き


定価 一枚800円

ご購入希望は、コマックス社に直接お電話を。

3連グラポリの金属ディスクに貼り付けて、市販の14,000番ダイヤモンドペーストを塗り、最終研磨、仕上げの光沢研磨に使用します。



金属ディスクに貼り付けてみました。粘着テープを半分剥がして、半円の状態で貼り付けて、残りを剥がして全体をしっかりと金属ディスクに貼ります。



ダイヤモンドペーストを一面に塗り広げます。これで準備完了です!



本日研磨したナンバーエイトターコイズにこのディスクを使用してみましたが、ちゃんと仕上げ研磨出来ました。


コマックス社の3連グラポリは、コストパフォーマンスが高いのが特徴。ただ、このマシンは、天然石のスペシャリストの本郷さんが考案され作られた機械。汎用性が高いのでなんでも出来るから、初心者にはどうして良いのか分からない…(^^; と言うプロ仕様のもの。


本郷さんは、ストーンハンティングと言う本を数十年前に書かれていた凄い人です。今でも、Amazonでプレミアム価格で廃番の本があることがあります。


私も一冊持っていますが、当時でこの知識量は凄すぎて驚いた覚えがあります。


そんな方が作るマシン。常人には使いこなせなかった…って感じがします。


特記すべきは、耐水ペーパーのディスクを使うので、ホームセンターで買える数百円の素材が、研磨機に使えること。


海外製のものでは、ディスクの入れ替えは一万円弱かかるのに、3連グラポリは100円程度…。海外製研磨機は、6連で左から順に使うだけですが、3連グラポリは、自由自在。


問題になるのは、自由自在ってこと。だったんですよね。砥石も使える。ダイヤモンドホイールも使える。耐水ペーパーも40番から4,000番くらいの全てのものが使える。

…だから、使いこなせない。そんな研磨機だったんですよね。知識がないと何をどうすれば良いのか分からない…。プロ仕様だから。


私は、海外製研磨機を10年以上使ってきた経験値があるので、あー!これなら…。


まず、付属の砥石は3枚ありましたが、3連グラポリのホイールは、2つ。3枚を入れ替えて使う…のは、時間と手間が。


そこで、砥石ホイールの使用はせず、オプションのダイヤモンドホイールを2枚使うことにしました。#60のダイヤモンドホイール、#360のダイヤモンドホイールの2枚の金属ホイールを3連グラポリに固定しました。


これで、砥石交換は不要になりました。


金属ディスクは、磁石で3連グラポリに張り付きます。このディスクに耐水ペーパーをスプレー糊で接着することで、ディスクを簡単に交換出来ます。


この金属ディスクを4枚使用することに固定しました。


一枚目、600番の耐水ペーパー

二枚目、1200番の耐水ペーパー

三枚目、3000番の耐水ペーパー

四枚目、14000番ダイヤモンドペーストを塗った仕上げ光沢用ディスク


海外製研磨機は、6連で80番、220番のダイヤモンドホイール、280番、600番、1200番、3000番、そして14000番のダイヤモンドペーストを塗ったディスク。と言う構成です。


6連研磨機は、7回研磨。ディスクは、高額だが、セッティング済みなので、初心者でも使える。ただし、時々、調整不良品が送られてくる。クォリティ コントロールはあてにならない。


コマックス社の3連グラポリは、私のセッティングでは、6回研磨。一つ研磨あたり15分程仕上がりが早い!研磨ディスクは、耐水ペーパーで安価で入手が容易。日本人が製作組み立てて発送される。クォリティの高さは保証済。トラブル時も対応は電話一本。日本語対応!?笑


さらに。本体価格が海外製の半分以下。


コマックス社の3連グラポリに必要だったのは、私のセッティング情報だった訳です。

研磨をはじめる人は、みんな初心者だからです。慣れたら、オリジナルのセッティングに変えても大丈夫!この3連グラポリは、プロ仕様だから、何で研磨出来るようにセッティング出来る魔法の天然石研磨機。


使えばわかる…笑



私は、海外製研磨機をコマックス社の3連グラポリに変えてから、研磨時間が半分以下になった。もちろん仕上がりは同じ。


と、コマックス社の案件ではありますが、いまだに進化している3連グラポリ。本郷さんは凄い…(^^)


おススメの天然石研磨機は、コレ一択です。

コストパフォーマンスに優れ、研磨時間の短縮にもなり、プロ仕様にも変化する。

クォリティの高い調整済み研磨機。

本体価格の安さ。。。もう海外製研磨機とは、比較しようが無い。トラブルも電話一本でいい。日本語でね(^^)


そして、何より私がいる!

(ヒーローアカデミー風に読んで)


問題は、?

ンー。水位センサーが無い。ライトが無い。くらいかな?


上部アクリルカバー、モーターカバーなどは、コマックス社が既に対応済み。



四国に移住して、先日から1日に5つのカボションを研磨し始めているが、16時から研磨をは開始しても、18時半には業務を終了している。労働時間は1日1時間半…笑 


いや、夜中にネットショップ用の撮影や事務処理仕事はやってますけどね。


朝から研磨したら、午前中の仕事で研磨は終了。


毎日が、土曜日だ…(^^; 移住のあれこれやっているので多忙だが。今は。


ペンキ塗りや、庭木の枝うち、薪作り。

棚を作ったり、組み立てたり。そのうち、この移住に関する作業は終わる。


地球屋フォアテイルズ



虹が見えるように洗車?遊びながら作業。


室内でも、室外でも…消火器を設置。

火災報知器も二台取り付けた。


 

何故か、サワガニが庭にいる。



蛍の生息地が、ログハウスの物置き横を流れているから?かな?もう4匹目ほど庭で見た。

間違いなく、居る…笑



夜は、真っ暗で空が広いので、星がきれい。



ライトボトルには、フローライトを入れた。


ソーラー式なので、夜間は勝手に光ってくれる。2日間、日光で充電すると24時間光る。夜は、12時間程なので毎日、ずっと光る計算だ。このボトル、値段は高めだが、めちゃくちゃ綺麗です。Amazonで売ってる。






水の石・空の石 ターコイズ - -
<< NEW | TOP | OLD>>