フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
フォックス ターコイズのピアスとネックレス制作(依頼品)、地球屋フォアテイルズ

 

さて。依頼品制作です。

かなり細かい指示のメモを頂いたので、その通りに作ってみました。

 

0706-000.jpg

フォックス ターコイズのピアスと、ネックレス(ワイヤー)

 

0706-001.jpg

ピアスの方は、カボションを切って楕円にして欲しいと言うかなり高等な技術を要する依頼。

カッターの刃には厚みがあるので、(石を削り割る)損失がある。と言うこと。単純に半分ずつということにはなりません。

さらに、楕円にする為には、その小さなものを欠けることなく形にしなければいけないということ。

そして、小さいので手研磨で、正確な楕円にすることが難しいということ。

という、問題がありました。

 

0706-002.jpg

この作業だけでも1時間ほど必要な作業です。それでも、なんとか完成!(拍手)

 

0706-003.jpg

ピアスのデザインも事細かくメモや参考画像があったので、メモに書いてあるように制作。

 

0706-004.jpg

・・・というわけで、高めの枠、ベースに飾り、切り込みをツメ部分に6本ずつ、ツメ留め2か所で固定。で、依頼メモ通りに。

 

0706-005.jpg

 

次に、ネックレス制作。当初、チェーンでペンダント横から出る感じというお話だったので、チェーンで構造を考えていたのですが、「チェーン」を送りますからそれを使ってくださいということで、届いたのはなんと「ワイヤー」。

 

・・・(−−;コレ、、、チェーンぢゃないやん!?(笑)

 

さて、、どうしたものか。固定方法を新たに考えることに・・・。

チェーンなら、穴の構造をwにすることで、チェーンが緩めば動き、張れば止まる・・・という構造を前回では考えたのですが。

 

ワイヤーかぁ。変形しない(曲がらない)ヤツ!(笑)これでは、前回の構造と同じというわけにはいきません。

そこで、新しく考えたのは、重力系ではなく摩擦系の構造。

 

0706-006.jpg

中板を作り、ワイヤーの太さの隙間をあける。これをカボションの裏に取り付けた「特殊素材」で押さえてワイヤーを挟み込む。

つまり、カボション自身がワイヤー上でのブレーキとなる。

 

0706-007.jpg

完成した特殊構造のワイヤーネックレス。手では動くけど、着用時は1mmも動かないブレーキを組み込んだ仕組みのアクセサリーです。

 

遅くなりましたが、月曜日(7/8)に発送する予定です。

ご依頼ありがとうございました。

 

 

地球屋フォアテイルズ

 

なんとか作りましたが、そうかぁ。。。ワイヤーってモノもあるのか・・・。(←初めて)

過去作にない依頼って、アタマ使いますね。どうやって、ワイヤー上でターコイズに正面を向かすのか、、、。

モノレール構造(重力)で作るか、その逆で重さを押さえて固定する方法を選ぶのか、、、。

知恵比べみたいな感じになりました。

 

通常重い部分が下を向くのが、地球上の重力の仕業。これに抗う手法でやってくれ!と言われるのですから「え〜?」って思うのですが、できたら「面白いな」と、思う悪いクセが発動。

 

「できません」とか「やってません」は簡単に言えるのですが、それはそれで、「どうなのよ?」と思ってしまう。まあ、ある意味、正解はわからないというのが現状なのですが、、、。

 

とりあえず、今回考えたブレーキシステムのあるアクセサリーの構造はここにあげておきます。

これ以上の仕組みを組み込むのであれば、その詳細な設計図が必要となります。(応談・時価)

 

0706-008.jpg

ベースパーツにレーン用パーツをロウ付けして作り、そのカーブをワイヤーのカーブに合わせます。その上に覆輪をロウ付けする3重の少し複雑な構造です。そこにカボション+バッキング剤と特殊素材(クッション兼ブレーキパット)を貼り付けたモノを用意します。

 

0706-009.jpg

ワイヤーを通してから、ターコイズのカボションをハメ込み、覆輪で石留めをしてワイヤーにストッパーを接触させます。

カボションがワイヤーのブレーキの役割をすることになります。

 

手で位置や向きを変えることは出来ますが、タテにしてもズレる事はありません。ブレーキとなる特殊素材も1mmの厚みがあるので数年は大丈夫なんじゃないかな?と思っています。

 

 

 

依頼製作品 - -
<< NEW | TOP | OLD>>