フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
サイトの安全性とは?地球屋フォアテイルズ

昨日、いや、いまも、か。

この書き込みをしているJUGEMブログは、安全ではありませんと表示されている。


Googleのチェック的なものではあるけど。

知らない人には、不安材料でしかない!笑

Googleが推進する常時S SL通信は、全て暗号化して通信を行う方式。https と記載される。httpは、暗号化てはない通信。


ブログを書く。暗号化してやりとりする必要は?ない。笑

写真を貼る。暗号化して通信を行う必要は?ない。笑


例えば顧客情報、コレは暗号化して通信したい。当店のショップは、e shopカートSと言う買い物カゴ側のサーバーに顧客情報はストックされる。もちろん暗号化通信のみ。安全性は高い。


商品情報、コレは、産地や値段、説明文、画像データ。これらは、私の管理するサーバー内に保管される。暗号化通信する必要は無いが、Googleの検索にヒットしなくなるから、暗号化通信している。笑


もちろん、顧客情報はサーバー内に持っていない。サーバー内のファイルが悪戯されてもログインパスワードの変更や強化をして削除して入れ替えてやればいい。


また、クレジットカード情報は、別でヤマトのコレクトをリンクで使うので、お客様が入力するサーバーは、Webコレクトの専用サーバーだ。ガチガチに暗号化通信している。

安全性は高い。


暗号化通信の必要性は、顧客情報、クレジット情報に限られるが、Google的には暗号化してないサイトは、危険なサイトとされてしまうらしい。


そう。だから、今、私は、安全ではありませんと言う表示を見ながらブログを書いている。(爆)


仕組みを理解すると、安全性の意味が見えてくる。


地球屋フォアテイルズ




ひとやすみ - -
<< NEW | TOP | OLD>>