フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スターバースト(両面)ペンダント制作、地球屋フォアテイルズ

 

さて。スターバースト。両面研磨。マクラメとかワイヤーワーク用に研磨してあるので、これを銀細工で留めるのは昨日のピスタチオ並みに難しい問題。

 

研磨する時は、「マクラメ」で誰かが編む。とか、ワイヤーワークで誰かが巻くとか。誰かが・・・なんだけど。

両面研磨を銀細工で・・・は。考えてない。ブーメランだ。自爆だ。w

 

方法は、ある。枠で囲い、爪を起こす。スターバーストは高価なので、昨日の様に扱って割れても困る。

ツメで留める。8点で両側ツメ留め!これだ。

 

0515-001.jpg

銀枠を作る。すっぽりと納まるように。

 

0515-002.jpg

枠にバチカンパーツを作って取り付け、ツメを作る。

ツメの内6点を曲げてカボションを入れて角度を調整。

シルバーのバレル研磨処理時間は40分です。

 

0515-003.jpg

スターバーストを入れて、最後の2つのツメを曲げて8点で固定する。

 

0515-0055.jpg

スターバーストを星の砂の撮影箱へ。

 

0515-004.jpg

ご要望は、両側が見えるように。もう、虫メガネのレンズ並みに両側とも丸見えです。

 

0515-005.jpg

星の砂は、撮影用の砂として使うと実はとても相性がいい。ターコイズ アクセサリーでこれやるとカッコいい。

星の砂が入手できるなら、、、。

 

撮影は、室内灯をOFF。スポットライト(小型懐中電灯)を上から吊るして撮影しています。

 

0515-006.jpg

最終的に、オリジナルの「星」のビーズを2つ、切り込みを入れて、革紐側に留めました。

希望に、「星」や「月」のモチーフをペンダントに入れて欲しいということでしたが。。。

ペンダント トップは、スターバーストが主役なので、こんな感じで仕上げました。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

明日の発送となります!

 

地球屋フォアテイルズ

 

0515-007.jpg

これは、番外編のレジン クラフト。

広島の海岸で拾った貝殻の中に海を作ってペンダントにしてみた・・・。

という試作品。

 

地球屋フォアテイルズ ショップや工房の方も秋までを目処に色々と変わります。。。

 

Square(スクエア) カード決済が使えるようになります。(イベント出店時、カボション・工房でアクセサリー購入などの支払い全般)申請登録済、端末待ち。

 

PayPay (スマホ決済)イベント出店時に、工房内でのお買い上げ品などの支払い全般や、使えるようになりました。

申請登録済 「PayPayコードキット」待ち

 

 

Webコレクト(ヤマトフィナンシャル)に、コンビニ決済、キャリア決済(申請が7月末開始)を導入予定です。

コンビニ決済<本日申請済・審査中>

特に、工房にくると色んなものが値引きで購入できるので、ご利用価値は高いかと・・・。

 

 

スターバースト、研磨しなきゃな〜と思ってはや数か月・・・。

ターコイズも、ラブラドライトも、あれもこれも。

 

真っ白なスケジュール帳に、見えない予定がギッチリです・・・。

 

四国へ移住したら、逆に他県の「天然石イベント」へ遊びに 仕事に出店してもいいかな〜?と思ってます。

まず、研磨機「3連グラポリ(改良版)」の能力が凄いんですよ。カボションを真面目に研磨したら、どれだけ量産できるやら。

PIXIEの倍の量は軽く研磨できると思います。

 

・・・もう、研磨は1日2時間でも十分なのかも知れません。

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
<< NEW | TOP | OLD>>