フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
新作ペンダント枠の制作用工具から作るペンダント制作、地球屋フォアテイルズ

 

さて。オーダー品の制作なのですが、、、

以前、フローライトで「両面使えるレンズのようなペンダント」というものを作りました。

 

0306-001.jpg

この時は、枠をとても苦労してこの形状にしたので、「こんな感じの・・・って話が来なければいいな。」と思ってましたが。アレ、どうやって作るんですか?・・・と、質問&制作依頼(苦笑)

 

前回苦労したのは、石を包み込む形の曲面枠の作り方。思いつきで作ったので苦労しました。

それでも、特殊な工具を自作してなんとか・・・。

 

今回の依頼はその1/2サイズの石。枠につける曲面の角度がさらに深くなるという事態に。。。

数日考えたのですが、同じ工具ではやはり無理。。。そこで追加で特殊工具(鋭角用)を制作することになりました。

 

銀板0.5mm幅7mm(3mm+1mm+3mm)長さ60mm(30mm+30mm)の銀板を使います。

 

0514-001.jpg

これが枠の材料。表側に3mm、裏に3mmかかるように刻印を打ちなましてから2つに切り曲面にします。

 

0514-002.jpg

とりあえず。専用の特殊形状の工具(タガネ)を作るところから。

もっと鋭角に曲面を作る為には、それなりに鋭角な(先端の丸い)特殊なタガネが必要になります。

 

0514-003.jpg

高温(オレンジ色になるまで)熱してから「石膏」を使ってのんびり冷ます・・・。

鋼材を軟化させる。このまま数時間(できれば一昼夜)放置します。

 

0514-004.jpg

グラインダーでガリガリ削ります。熱いので手袋、長袖、メガネまたはゴーグルを着用。

(^^;今回はマジで熱かった・・・。火傷に注意!

鋼材が厚みがあるので、いい感じの曲面がでるところまでかなり削る必要があります。

 

0514-005.jpg

こうして、イメージ通りの形状に先端工具を仕上げます。そして、高温に加熱。(ハンディバーナー1200度)

こういった作業は「一発勝負」です。集中して緊張して、、、やります。頭にイメージが出来るまではやりません。

3日間程度ずっと曲面の事を考えてイメージトレーニング。それから実践です。

 

0514-006.jpg

磨いて「刃物用オイル」を塗ります。完成(特殊工具が・・・)ここからがさらに一仕事。

これが凹凸の「凸側を作る工具」になります。

 

0514-016.jpg

銀材を曲げるために、堅い木を「彫刻刀」で削り、凹側を作ります。凹凸の角度=銀枠の形です。

とりあえず、、、新しい「彫刻刀」を買いにコーナンへ・・・(笑)。

 

0514-007.jpg

木枠の凹に、なました銀板を置いて特殊工具を使い、少しずつ叩いて曲げ、形を作っていきます。

XY方向の曲面を作りながら、それ自体をZY方向にも曲げる・・・という3D思考的な「特殊な形状の枠」となります。

 

 

WAXで作るという方法もあるのですが、3%縮むという事と、厚みがでる、原型作りの時間がかかる。

・・・ということで、WAXで作る方が楽な気もする形をあえて手作り「銀細工(彫金)」で作る技法を使いました。

 

0514-008.jpg

これを左右作り、曲面を石の形(曲面)に合わせます。

 

0514-009.jpg

この2つを削り、結合面をロウ付け。これも第三の手をこんな感じに使ってロウ付け。

ややこしい作業は続きます(笑)

 

0514-010.jpg

完成した「ピスタチオの殻」タイプの銀枠。

唐草模様は銀平板の時点で最初に刻印してからなましておきます。

変形硬化(銀の特性に注意)がある為。

 

特殊工具がなくては、この形に銀板を曲げることはできません。(たぶん)

 

0514-012.jpg

研磨して「特殊形状の枠」を仕上げます。

 

0514-011.jpg

バチカンパーツは、「壁画ベゼル」の模様入り銀板40mmでリングを作り、5/0刃 糸鋸で真っ二つにします。

銀板をタテ半分に切ってから2個ロウ付けしてもいいのですが。この方が正確に同じサイズの輪になります。

面取り(ヤスリ)して外観を仕上げます。

 

0514-013.jpg

こうして、必要なパーツが完成です。

 

0514-018.jpg

この枠の特徴は秘密の?「固定材」(固定法か・・・)です。<瞬間接着剤は使っていません。>

枠の中で踊らない工夫がしてありますので、中の石はピクリとも動きません。

「ワンデー彫金体験教室」で来たらこれらの技法のすべては私に聞いてみてください(笑)

なんでも教えちゃうのでw

 

0514-014.jpg0514-015.jpg

このペンダント枠を使うと、天然石がマクラメ ペンダントのように両面をリバーシブルで楽しめます。

 

最初にこの形状にした理由は、(透明なフローライトに)光を通したかったので・・・という理由でした。

 

前回は枠のトップに穴を開けるという方法でバチカンを取り付けましたが、今回は丸環のロウ付けで取り付けています。

 

ご依頼ありがとうございました。

明日の発送となります。

 

地球屋フォアテイルズ

 

なに言ってるの?・・・と言われそうな気もするんですがw

座標とかベクトルとか、、、同時にいろんな方向へ曲げる・・・

銀板の曲面を丸くゆがめたり曲線に曲げたり、今回は「特殊な形」を覆輪にしている。

いつもなら、巻き付ける程度の銀板を曲げる・・・だけなのだが、曲線を描きつつ曲げる。

・・・となると、どうしてもそれなりの型枠(凹凸の)が必要になる。

 

昨日、久しぶりに時計・・・というモノが欲しくなった。

きっかけは忘れたが、必要だという事なんだろう。

 

ロレックスの時計は昔は数本持っていたが、あんまり身に着けなかった。

高すぎる時計は、「使いづらい」のだ・・・。仕事でロレックスはちょっとね。

 

で、ロレックス ディトナ風で、なにかいいモノはないだろうか?と検索。

いくつか見つかった。いくつかあるんだな・・・w

 

いや、そもそもロレックス・ディトナって126万円もするんだ。

・・・誰かくれないかな(笑)誕生日の翌月月間、絶賛開催中!です。

 

で。琴線に触れたのは「ジョン・ハリソン」というイギリスのメーカー。

 

鳥が王冠着けているマークにハマった。(笑)これ、いい。面白い。

ロレックスにも「王冠」マーク。

 

似ているような、、、似ていないような、、、この雰囲気がツボ・・・。

で、黒文字盤のシルバーとゴールドシルバーのコンビの2本買った。

毎日同じじゃ、飽きるだろうからw

 

今日「ヤフー」検索を見ていたら、「ヤフーのポイントが5日で失効するから使え」・・・的な表示。

まあま結構な額だ。

 

じゃ、、、ってんで、「ジョン・ハリソン」の赤い文字版の時計をチョイス。

Charles Vogele シャルルホーゲル の・・・(笑)

 

0円(送料もポイント払い)ポイントって貯まると悪くないもんだw

 

私は仕事柄、夜中にいろいろネット検索していることが多いのですが、、、。

 

そうそう。四国の戦国武将って・・・誰が有名なんだろう?と調べてみたら、愛知県出身の「山内一豊(やまうち かつとよ)」という高知を治めていた武将がいた。一豊の妻で大河ドラマで有名になったことがあった。そして、完全に忘れていた記憶、十年以上前のある日のことを思い出した。

 

その当時、臨床検査技師で病院勤務だった私は、夜勤で病院で緊急検査をしていた。それが今では、天然石屋兼アクセサリー屋だw

 

 

ある日、研修医の若い医師と夜勤の時に、ふとした会話からそんな話(NHKの大河ドラマ)になり、、、

 

「あ。」山内先生も、同じ山内ですね。・・・なんて言ったら、

 

実はボク、「山内一豊(NHKの)」の子孫なんですよ。

 

「え〜(^^;笑」世が世なら、「お殿様!」じゃないですか???

・・・なんて事がありました。

 

 

パワーストーン・天然石 - -
<< NEW | TOP | OLD>>