フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
オレンジスパイニーオイスターターコイズの研磨(3連グラポリ/コマックス社)、国産天然石研磨機の使用、地球屋フォアテイルズ、スカイストーン(空石)店

 

本日研磨分のオレンジスパイニーオイスターターコイズです。

国内では「カッパーターコイズ」などという意味不明な名称で呼ばれていることもあるようですが、、、。

カッパー=銅、ターコイズ=銅の原料・・・もはや、突っ込みどころ満載すぎて、アホか。と呟くばかりwww

 

ターコイズは鉱山名で呼ぶのが通例で、キングマン鉱山で作られているこのオレンジスパイニーオイスターターコイズは、特殊な人工石でキングマン鉱山ではモハべ ターコイズと呼ばれている人工ターコイズの内の1種類です。この技法に「ブロンズ融合プロセス(Bronze fusion process)」が用いられています。これを覚えられない天然石屋が、「カッパーターコイズ」などという造語を作り出して日本国内に広めた・・・ということでしょう。もちろん、ターコイズに詳しくないインチキな天然石屋さんが・・・ね。

 

 

moj214a.jpgmoj214b.jpgmoj214c.jpg

オレンジスパイニーオイスターターコイズ

 

いい感じにターコイズが含まれている綺麗なカボションです。(バッキングあり)

 

そして、もう一つは「両面研磨」マクラメや、ワイヤーワークに最適です。

 

moj215a.jpgmoj215b.jpgmoj215b2.jpg

横から見たところ

 

moj215c.jpgmoj215d.jpgmoj215e.jpg

どちらも、いい感じにターコイズ(キングマン)を含んでいます。

 

地球屋フォアテイルズ

 

3連グラポリ、仕上げの#14000ディスク(ダイヤモンドペースト)の研磨心地がイマイチ・・・。

やっぱり、固い板にフェルトを貼っているのでカボション タイプには向かない気がします。

 

そこで。。。クッション材に両面テープの付いたものを買ってきました。

 

0417-001.jpg

これを円形カッターで、直径15cmにカット。

 

0417-002.jpg

このクッションを金属板(予備)に貼り付け。

 

0417-003.jpg

こんな感じに。下の板が金属板。両面テープでガッツリ接着しています。

 

ここに「キャンバス地」を貼り付けようと思います。

 

明日へ続く!

 

 

水の石・空の石 ターコイズ - -
<< NEW | TOP | OLD>>