フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
コマックス社 天然石研磨機 三連グラポリを使って研磨。みゅー会長LINEスタンプ計画なう。地球屋フォアテイルズ

 

本日、欠品していたパーツが届いたので、コマックス社の三連グラポリ(天然石研磨機)以下、三連グラポリを使って研磨してみました。

 

まず、特筆すべきはその静音。さすが、日立のモーターですね〜。静かなものです。夜間でも研磨できるんじゃないか?と思ったほど静かなんですよ。。。隣の部屋にいたら研磨していてもわからないんじゃないかな???

 

0405-001.jpg

中央のスイッチは、注水用とモーター駆動用です。注水だけ、ホイール回転だけ・・・と単発でも動きます。

上部のピンクのチューブを差し替えて研磨します。ゲイザーのように吐出して濡らすのではなく、上から垂らして研磨します。

ピクシーなどの研磨機は、研磨して汚れた水を使うのでどんどん濁ってしまいますが、この三連グラポリは、常に新しい水がホイールを濡らします。廃液はタンクにためるので、片付けがすごく楽です。

 

いちばん左にダイヤモンドホイールの60番(取り換え可)を付けました。

ピクシーやジーニーは、80番(固定)の金属ホイールから研磨を開始しますが、目の粗い分研磨スピードが速いです。

ホイールも幅が25mmとピクシーよりも10ミリ細いのですが、ほとんど気にならない研磨力です。

 

右のホイールは、ダイヤモンドホイールの360番をつけてあります。

ピクシーやジーニーは、80番、220番の2本が金属ホイールです。

 

これはどうなんだろう?と思いましたが、220番よりも細かく丁寧に研磨できるので気になりませんでした。

ライト(照明)が無いのはマイナス点ですが、フレキシブルなLED(白色光)スタンドは3000円ほどであるのでそれを使いました。手元が暗いのは研磨ではやはりマイナスです。

 

0405-002.jpg

水は上から、落とす仕組みですが、電磁弁で調整しているので不便はありませんでした。

手元にある注水スイッチを切れば止まります。

気になるのはモーターの上部にタンクがあるので、感電とかショート!はいただけない・・・。

特製カバーを制作して多少の水が落ちても大丈夫!・・・な構造にしました。

 

0405-003.jpg

思いのほか、上から水が垂れてくるのは下から吹きかけるタイプに比べて、私が濡れない!(笑)

これ、長時間となると差が出ます。研磨する人間の耐久性は必要ないようですw

 

<三連グラポリ>研磨のポイント!

使用したホイールは、60、(※120)360、(※400)、※600、☆1200、(★2000)、(★4000)、F14000番です。

※砥石 砥石なので、横を使い平面研磨ができる。今回は120、400の砥石は未使用です。

☆耐水ペーパー 3000番を取り寄せ中。

★自作(耐水ペーパーを円形カッターで150mmにカット)

F(フェルト)ダイヤモンド ペーストの14000番を塗布して使用

 

<PIXIE/GENIE>

ホイールは、80、220、280、600、1200、3000、14000の6本のホイールプラス1枚で構成されます。

比較すると、60、360、600、1200、3000、14000の3本のホイールプラス3枚で構成しました。

 

三連グラポリは、120番、400番、600番の砥石を使うのが通常のようです。

120、400、600、1200+ポリッシュ<フェルト or レザー>というのが、おそらくノーマルな研磨構成だと思います。

 

砥石は減るので小さくなります。交換が必要になりますが、1つ3,500円ほどと、比較的安価です。

さらに、この砥石を使わないダイヤモンドホイールの60番と360番に変えることで耐水ペーパーのみでそれ以降を研磨することができる機械です。耐水ペーパーの600番、1200番、3000番を使うことで、ホイール交換を気にすることなく研磨が可能となります。

 

耐水ペーパーは、80円〜240円ほどなので、毎週交換してもいいくらいコストがかかりません。

これは、いつも新しい研磨機を使っているような研磨力を味わうことができる!ということです。

 

この耐水ペーパーの交換は、非常に簡単で1mmほどの厚みの丸い金属板に3Mの接着剤(何度も剥がせるスプレー)で耐水ペーパーを貼るだけ。この金属板ごと、ホイールにペタ!っと磁石でつけるだけなので、装着(交換も)は5秒もかかりません。

 

6連のピクシーやジーニーは、連続作業向きですが、ポンプのトラブルは避けられません。また、吐出が弱くなったりするのでっメンテナンスもかかせないのが事実です。三連グラポリは、ホイールを交換して研磨するので、途中休憩が入ります。

水用のポンプはないので、使ってみるとこれはこれでアリだなぁ・・・というのが感想です。

 

0405-004.jpg

三連グラポリで研磨した「オレンジスパイニーオイスターターコイズ」です。

仕上がりは遜色ありません。研磨回数が1回少ないので時間もかかっていないのに仕上がりが同じ・・・不思議ですw

 

0405-005.jpg

 

0405-006.jpg

 

これなら、研磨機としても問題はありません。

価格は、3連グラポリ 標準付属品一式で 98,000円(消費税別)

 

ダイヤモンドホイールの60番 27,500円

ダイヤモンドホイールの360番 17,600円

6インチGC砥石600番 6,500円

耐水ペーパー1200番 6枚セット 400円

6インチ1mmポリッシング フェルト 380円(14000番 ダイヤモンド ペーストで使用)

6インチ メタルベース クッションパッド付 4枚 3,200円

3M スプレーボンド55 1800円

 

合計 およそ 155,380円 という価格になります。

 

コマックス(株) 053-447-1123(お問い合わせ先)

 

簡易交換式の耐水ペーパー取り付け部分はいいなぁ。便利!そして安い!

私は3000番の耐水ペーパーを取り寄せ中です。

円形カッター(中央に穴があかないタイプ)も1台購入しました。15センチの丸に切れば何でも使える。

 

地球屋フォアテイルズ

 

さて。みゅー会長ですが、、、

 

56582192_2225560507694077_2258502973439082496_n.jpg

 

このたび、、、LINEスタンプにイラストで登場することになりました。(^^)v

現在、プロのイラストレータと打ち合わせ中で、16枚のスタンプを描いてもらうことにしました。

あんまり多くても使いにくいしw ↑この「いくぜ!野郎ども!」もイラスト化をお願いしています。

 

さて、、、ミュー会長はどんなLINEスタンプになるのでしょうか?????

 

 

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
<< NEW | TOP | OLD>>