フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ターコイズ原石を切る!スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

ま、そんなわけでね。

切る!です。

 

0511-001.jpg

ミネラルパーク ターコイズ

 

0511-002.jpg

アパッチ ターコイズ(バリサイト)最後の2個!ついに在庫がなくなったw

 

0511-003.jpg

ロイストン ターコイズ(ストックから)

 

と、まあ、本日は原石カットとこれ以外にも「スウェディッシュブルー スラグ グラス」を大量に切りました。

あとキングマン ターコイズも少々追加でカット。アリゾナ州産ジェムシリカとあれとこれと・・・。

ターコイズはまたバッキング処理や研磨後にネットショップ「スカイストーン(空石)店」へ。

 

ロイストンの原石が切ったら中に模様が出ていてなかなか面白い模様になりそうでした。

 

 

 

フォアテイルズフォックス

 

0511-004.jpg

猫は寝る子で、ネコと言う。

新社屋?になってから、気にいったようで出てこないw

監視カメラも設置されて、犯人、、、犯ニャンは、日中ボスのボスから監視されている。

 

おっと、気を付けないと、カメラがくるりとこちらに向きを変えたら作業をチェックされてしまうぜ!

気が抜けないシステムだ。これは自ら墓穴を掘ったかぁ???(笑)

 

 

0511-005.jpg

逆光に帽子が映えるので、モノトーンに編集してみた。そんなに毎日楽器に触れるヒマはないんだが。

楽器があるとなんだか落ち着く?ような気がする。

 

0511-006.jpg

 

思えば・・・。

 

一番最初に持ったのは、モーリスの6弦フォークギターだった。

 

たしか、中学生でクラッシック・ギターかフォークギター持参で「禁じられた遊び」が授業の課題だったからだ。

当時TVでは、「モーリス持てば、スーパースターも夢じゃない!」といううたい文句だった。

いやいや、夢だろう。と思っていた。現実的だ。

 

もちろん、「禁じられた遊び」そんなモノは真面目にやらなかったし、まったく微塵も興味はなかったが、かぐや姫などのフォークソングにハマっていた。あとは歌謡曲が多かった。

 

 

高校生になると、12弦ギター(ヤイリ)を弾くようになった。12弦は音が深くて良い。

 

 

 

このころは、KISSが好きでエレキ・ギターなるものに興味をもち、テレキャスター(中古)を手に入れる。

サザンオールスターズのいとしのエリーの時代だ。

 

モンキータンバリンを買ったのをいまでも覚えている。

 

 

レスポールは高くて重いので買わなかった。ついこの前、初めてレスポール・モデルを手に入れた。

あれから、40年も過ぎてから・・・だ。しかも、モデル(エピフォーン)だ。

レスポールといえば、ギブソンだがギブソンは高いし、すでにギブソンはSGタイプを1本持っている。

 

東京の医学技術専門学院生の時にバンドに誘われて、ベース ギターで参加。

ヤイリの12弦はこの時に売った。新宿の貸スタジオへ毎週のように授業の後で練習に行っていた。

思えば、2000ccのケンメリ(中古車)に乗っていた生意気な学生だった。

友人のセリカとケンメリに楽器を詰め込んでスタジオへ。

 

健全といえば、健全な遊びだw

 

ドラムが抜けたので、ドラムに転向してドカドカ叩いていた。特に習うでもないが見よう見まねで。

思えば、楽器も銀細工も研磨も特に習うでもなくふわっとやってはいるが、まあ、なんとなく・・・なんだな。

 

 

水の石・空の石 ターコイズ - -
<< NEW | TOP | OLD>>