フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ログハウス生活、屋根裏部屋(空間発見から仕上げ)、猟師を目指せ!?ターコイズ屋の巻、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ログハウス

 

さて、新春一発目の記事。ターコイズ屋は猟師を目指す・・・と、偶然ログハウス内に見つけた空間を部屋にするという企画です。

 

どちらも、そうなっちゃうよな・・・という話なのですが。

 

まずは、、、「ログハウス内の密閉空間を活用して部屋にする」という企画

 

先日、年の瀬の28日ぐらいでしたか、ログハウス内のクローゼットの中を片付けていた時です。あ、そう言えばこの上に謎の空間があるんだった・・・と思いだしました。

 

気がついたのは「夏」に庭の手入れと掃除に来たとき。リビングに居て、上をみると壁にある換気口。ん?その隣は、寝室と作業場境あたりの上の方。丁度両側のクローゼットの上にあたる位置に何故か空気を通す換気口があった

 

あれは、なんだろう?なんでしょうね?って話になったんだけど、探してみたがクローゼットの上に行ける出入り口もない。一軒家では、押し入れの隅に天井裏に入れる口がある場合が多い。コレは謎のままになっていました。年末大掃除、クローゼットの上に気がつかないようにして入り口はあるだろう。と、荷物をどけて探したもののそれらしいものはない

 

ちょっと、覗いてみよう・・・と思い。くろークローゼットの上、天井にドリルで穴を。暑さ1.5センチの板をくり抜きその中をみる。空間があった。「出入り口」をあけちゃうことにしました。ログハウスなので、また木で塞げばいいよね?って、軽い気持ちで。

 

20200101-0012.jpg

左、クローゼットの上に穴をあけた時。ゴミや虫の死骸なども無くきれいな空間に驚いた。(とりあえず防ダニ処理を施す)

右、本日撮影。カプセルホテル並み(以上)に仕上げた屋根裏部屋(天井はまさに屋根裏なので、家で一番高い場所にある)

 

棚の幅はおよそ42cm、本やDVDの収納棚をスギ板で(2mx12.5cmx1.5cm、6枚で1,900円くらい)を2つ使った。

アンティーク調電球など電気系の配線で1万円ほど。大部分は移住で余ったものを再利用。暗いと上がりずらいのでこの部屋のメインスイッチは、1階に取り付けた。あとは、フタの部分の杉板や、金具類(蝶番とか固定金具)、改装費用はすべて手作りなのでトータルで1万5千円ほどになったが、一部屋増えたのは幸運だった。クリスマスプレゼントにしては贅沢なものだ。

 

20200101-002.jpg

奥の部分は、リビング側。USB扇風機やPC用のファンを取り付けて空調(吸引)にしても良い。フィルターはこちら側に増設可能だ。もちろん、いつでも自作できる。(電源のコンセントは壁にはいくつか余らせてある)

 

20200101-003.jpg

上り口。梯子もその内自作しても良いかと思う。山で杉の木を切り倒したら考えよう。。。

 

20200101-004.jpg

クローゼットの上に開けた穴が出入り口。トムソーヤの冒険ワンシーンのようだ。

 

20200101-005.jpg

大みそかに制作した「ターコイズ鹿角トロフィー」を壁に固定。カバンやアクセサリーなどぶら下げても良い。

 

20200101-006.jpg

右手の壁。棚は木材のスペースに合わせて(微妙に差がある)カットして木ネジで直接固定。ログハウスなので、直接壁に取り付けて完成。1つ棚を作って取り付けるのに5分程。切る→木ネジで組み立て・・・簡単だ。

 

20200101-007.jpg

お気に入りのターコイズ ジュエリーはいい感じに光があたる位置へ。苦労して集めたターコイズ。アリゾナ州、ネバダ州、コロラド州、カリフォルニア州、デスバレー、ソノラ砂漠・・・そして、テキサス州。何千キロも走って手に入れたものばかり。

 

20200101-008.jpg

四国に来て、鹿を見た時から「猟師、わな師」というものが身近になった。

誰かが育てて誰かが命を奪った肉を食べるのではなく、自分でその責任を負う。それも生きるということではないか。

東温市のポスターで、猟師募集<害獣駆除>を知る。

 

野生鳥獣(イノシシ・サル等)にご注意ください。 - 東温市

愛媛県内で、野生鳥獣による人身事故が発生しております。 東温市においても、 イノシシ、サルなどの野生鳥獣が生活圏で目撃されています。 野生鳥獣には、人を避ける習性がありますが、興奮状態にある場合は、人に危害を加えることがあります。

 

そして、知らなかったのはそれ以外にもある。捕獲奨励金もでる。

 

〇有害鳥獣捕獲事業. ・実施区域 東温市全域. ・駆除費 駆除許可 30 日当り 1 千円. ・捕獲奨励金. ニホンザル 1 頭 20,000 円. イノシシ,ニホンジカ 1 頭 20,000 円・・・東温市では、鹿とサルが増えているらしい。次年度は、15,000円になるらしいがそれでも苦労して獲ればそれは美味しいお肉とご褒美もある・・・ということだ。(それは簡単ではない山の中を一日中歩き、獲れば獲ったでその重いやつ<1頭40〜80キロ>を下ろさなくてはいけない。80キロを引き摺って山を越えて戻ってくるなんてのは想像を絶する作業である。)

 

害獣駆除=良い事。山から溢れるほど増えた生き物は、街にでてくる。近年、埼玉県や東京でもイノシシが出ているニュースも。

イノシシは猟師でもやられることがある。あの牙(下あごの)は鋭い。太ももを噛まれると失血死する可能性もある。子供などはひとたまりもない。走る速度は100メートル7秒。世界記録並みのスピード。人の二本足では四つ足にかなわない。

 

それだから、「やってみたい」に火が付くってものだ。ハンターになりたい。無き祖母に道は大変な方を選べと聞いている。キャラ的にも???どちらかと言えば、ワイルドな生き方の方が好きだ。

 

20200101-009.jpg

そんな感じで2020年1月元旦「屋根裏部屋」完成に至った。(出入り口から撮影)

 

20200101-0010.jpg

黒い板が「出入り口」の押上式扉だ。扇風機、ヒーター完備だが、屋根裏は暑いのでこの時期でも扇風機でもいいくらい。夏場のことは、想像したくないが・・・それまでには冷風機か小型の空調機を用意するかも知れない。毛布を半分にたたんだ広さ。思いの外広い。(ひとり部屋なので、座って半畳、寝て一畳である。)

 

正しくは、、、起きて半畳寝て一畳<座して半畳、寝て一畳>

【意味】 人は必要以上の富貴を望むべきではなく、満足することが大切であるという教え。 

 

 

ま、上出来ではないだろうか?

 

 

そして、害獣駆除・・・これは、「狩猟免許」(第一種、わな猟)を取ったので、登録すればとりあえず「わな猟」は開始できる。

だが銃砲に関しては、所持許可を受けなくてはいけない。早くても許可が出るのは秋以降なので、猟師デビューは次期の猟期からとなる。今、わなをかけても、もしかかってしまった場合に留め刺しができない。これは経験がない初心者にはとても危険だ。怪我をする前に、留め刺し用に散弾銃※は用意しておきたい。(笑)こん棒で数回殴って気絶させてやるのだそうだが、なんだかそれは逆に残酷な?気がして(笑)殴り殺すのはスマートじゃないし、苦しませるのは目的ではない。命をいただくのだから。

 

※散弾銃には、いくつかの弾丸の種類がある。散弾のサイズも各種あるが、カモなどの鳥猟には、あのバラバラと飛んでいく散弾が使われるが、イノシシやシカには効かない。キズを負わせるだけで到底仕留めることはできない。

 

イノシシやシカには「スラッグ弾」という一発玉を使う。散弾銃の散弾薬莢の中に1発だけデカい弾が入っているものだ。それでバイタルを打ち抜く。ハートや頸動脈(シカ)、鹿は「頭」と「角」は素材になる。イノシシは頭蓋骨の耳の後ろや目を狙う。一発で苦しませないようにということと、半矢の獣は襲ってくるので危険が伴う。こちらが命を取られることになりかねない。

 

20200101-013.jpg

山主になり、管理する山は↑この部分。8000平米が2か所ある。およそ4800坪の雑木林。もう、足の踏み場に悩むほどの雑木林・・・。どうすんだ?コレ・・・な雑木林であった。右側の急斜面の山には「シカ」左の山の稜線には「イノシシ」の痕跡がある。もちろん、いつかあいつらとは山中で戦うことになるだろう。

 

生きて帰れるように、「ターコイズ(守護の石)」を身に着けて。(笑)マジなヤツ。。。(使い方的には)

 

地球屋フォアテイルズ

 

さて、年末からいろいろ多忙で研磨初めはまだだ。いつから研磨しようか?いつから福袋やろうか・・・。

TVの見飽きたお笑い番組をボ〜っと眺めながら考えている。

 

ガキの使いは例年にも増してつまらなかった。もとスマップの人たち(それ程もともと好きではない)が出てなりふり構わず・・・の醜態には、反吐が出る思いだ。陰湿なイメージはぬぐい切れず、芸能界にしがみつく姿も3人でジタバタする姿も気持ち悪いものだ。中居くんとキムタク派なんだろうか?オレは・・・(笑)なんて思ってしまう。ま、キムタクは嫌いじゃないけど。

 

ま、どうでもいい話ですが、チャンネルを変えたのでそれ以降は、あの番組は見ていない。来年は紅白にしよ・・・。

 

嵐とか。鉄腕ダッシュの人たち(なんだっけ?)のように仲良くしているグループは好きだ。見ていて楽しい。

 

 

 

ログハウス生活 - -
| 1/1 |