フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ミッション鉱山地域のドローン空撮、回想記、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

 

ミッション鉱山のドローン「DOBBY(ドビー)」もよる空撮風景です。

ホビードローンなので、機体が軽く風に煽られると揺れてしまうという欠点があります。

左右移動、前後移動時にも振り子のように揺れてからホバリングになるのも、軽い機体ゆえ・・・。

しかし、折り畳みの機体は、ポケットに入り、コントローラーはiPhoneなので荷物になりません。

そして、画質の良さ!これは特記すべきものがあります。

 

いつか、高級ドローンで!?空撮してみたいものですw

 

ミッション鉱山地域は、4つの大きなピットがあり露天掘りです。

巨大なトラック(KOMATSU)が走っていました。

 

この一帯は、道路脇にはフェンスがあり敷地内に立ち入ることはできません。

敷地内を走る未舗装の道路には、入れますw

 

このダート(未舗装)は、鉱物が採取できるということです。

銀を含む石。ターコイズを含む石、その他にも黄緑色の石(詳細不明)もいくつか採取できました。

 

まだ、カットはしていないのですが、、、

 

0129-005.jpg

ターコイズを含む原石(ミッション鉱山)も採取しました。

 

 

フォアテイルズフォックス

 

時間ができたら、カットしてみたい!!!です。

 

 

 

 

ターコイズ放浪記6 - -
ターコイズ放浪記 6 ・帰国しました。 スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

ツーソン国際空港から、LAX(ロサンゼルス国際空港)で乗り継ぎKIX(関西国際空港)へ。

無事に戻りました。

 

ターコイズ原石に特化した仕入れができましたので、こんな感じになっています・・・。

これに、あと2点 パープル オイスター ターコイズ ブロックが加わります。

オレンジとパープルは1本ずつブロックで仕入れてきました。

(USAでカットしてから後日(月末に輸入されます))

 

1970年代のオールド キングマン ターコイズ原石

キングマン エクストラグレード ターコイズ原石

キングマン ターコイズ原石

スリーピングビューティ ターコイズ原石

モレンシ ターコイズ原石

モレンシ パイライト ターコイズ原石

ダメイル(ダモリ) ターコイズ原石

#8 エクストラグレード ターコイズ原石

ブラック ダイヤモンド ターコイズ原石

ビングハム ピット ターコイズ原石

アバロン ターコイズ

ブルージェム ターコイズ

ビズビー ターコイズ

セリロス ターコイズ原石(大)

ミッション鉱山のターコイズ原石

 

明日から、カット、研磨、新着商品の販売を開始いたします。

 

フォアテイルズフォックス

 

動画や風景撮影も沢山ありますので、後々商品と合わせて編集出来次第、サイトで紹介していきたいと思います。

 

今回の渡米では、パイプ(人脈)はより太く、新しい仕入れ先も開拓してきました。

まだまだ、産地直送、新鮮なターコイズをお届けできると思います。

 

デビルズ フォークも健在!今年もマイクさんの家に行くときの目印になりました。

高さ20mくらいの大きなサボテンです。

 

 

ターコイズ放浪記6 - -
帰国、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

 

 

さて。フェニックスからクォーツサイト、セドナ、フェニックス、ツーソンへと買い付けも終了し、いよいよ帰国です。

レンタカーは、フェニックスのスカイハーバー国際空港からツーソン国際空港へ乗り捨てです。

 

本日は、ツーソン国際空港からLAX(ロサンゼルス空港)へ向かっているはずです。(無事なら)

 

ロサンゼルス空港から、KIX(関空)に向かいます。(向かって移動しているはずです)

 

KIX到着は、31日(夜)になる予定です。

いままでよりも「弾丸ツアー」な気もしますが、予算や自由な時間を考えると今回はこれが目一杯です。

 

可能であれば、夏か秋くらいにもう一度改めて渡米出来ればいいのですが・・・。

 

さて。現時点(20JAN2018)では、この「ターコイズ放浪記 6」がどんな内容で書かれたのか知るよしもありません。

ただ、今年は良くも悪くも大きな変化の年です。情に流される事なく、仕事の在り方をもう一度見直す良い時期なのかも知れません。ある意味、孤独な仕事ですが、それはまた言い換えれば、「自由な人生」でもあります。

 

それでは、明日からまた研磨、販売、制作の日々が始まります。

 

 

フォアテイルズフォックス(20JAN2018記載)

 

※ この記事は、タイマーによる自動投稿です。

 

 

 

ターコイズ放浪記6 - -
ターコイズ放浪記 6・ 風の強いよく晴れた日に。(最終日)、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

 

0129-001.jpg

七色の夜明けの光景 ツーソン郊外より

 

昨日と打って変わって今日は朝から強風のツーソンです。

空撮用のホビードローンは、軽いので風が吹くと揺れてしまい手ぶれ動画になってしまう弱点があります。

今日は無理かな〜?って感じでした。

 

明日は帰国(出国)予定なので、今日が最終日。

ツーソン郊外のマイクさんの家を訪ねました。ジムとシェリーもクォーツサイトでの販売を終えて合流です。

PIXIE研磨機の買い方(発注方法)について、新しくシンプルな方法を提案して取り決めてきました。

 

1時間ほどで切り上げて、撮影に行って終わろうかと思っていましたが、話がいろんな方向へと進み(^^;

ターコイズ鉱山への採掘や、ダイヤモンドヘッド パシフィック社の新しい情報なども仕入れてきました。

 

そして、「今日はどこに行くんだ?」というので、予定はないのんびりと写真でも撮影して過ごすと話すと、

おもむろに、ミッション鉱山へ写真を撮りに行くか?と。

 

へ!?(@@;あのミッション鉱山???

ここから、往復30マイル(480キロ)くらいだ。

行くの?マジで?そりゃあ、行く。。。

 

0129-002.jpg

ミッションという地名の場所にある教会。の駐車場脇でインディアンが食べ物とドリンクを販売している。

ここは、インディアンの土地なのだという。もちろん、人物は撮影NG。ナバホ族同様だ。カメラは向けてはいけない。

彼らの墓地もあったが、そこには「NO PHOTOGRAPH」と書かれている。

 

↓車中で撮影。

 

インディアン フライド ブレッド(ピザ生地状の塩味の揚げパンみたいなもの)2ドルを食べた。

すっげ〜旨い。なんだこりゃ?揚げたては、止まらない美味しさ。日本で作りたい。

 

0129-004.jpg

ミッション鉱山、昔はターコイズ、カッパー、シルバー、クォーツ、マラカイト、ジェムシリカなどが採れたそうだ。

20年前はこの一帯は自由に掘れたらしい。

 

アメリカの鉱山は、オープン ピット(露天掘り)だ。コマツのヒュージ トラック(2階建てアパート並み)が走り回っている。いまでも、銅山として採掘されているという。敷地は柵で囲まれているので一般人の立ち入りは禁止されている。

 

だが、、、。

 

0129-003.jpg

線路脇の道と線路には境がない。

入ったら死ぬぞ?というのが、アメリカ流なんだろう。

 

途中のダート(未舗装の道路)脇で、車を止めてドローンによる空撮を試みた。

風はだいぶ弱まって、日差しはかなり強くなった(笑)

 

ドローン撮影をして周辺を空撮。後々を考えると動画もあったほうがいいもんね?

 

すると、ジムとシェリーが、道路わきの土手でなにかを探し始めた・・・。

 

「なにしてんの?」(ドローン飛ばしながら)

「ターコイズ探し。」

 

(−−;ナニっ!!!!(ドローン撮影終了!緊急着陸w)

 

ここターコイズ採れるの?

 

「このエリアは、いろんな鉱石が採れるんだよ。」

 

荒れ地の道路沿いに車を移動させながら原石を検索。

 

ターコイズは、水の流れた後のところにある気がするんだよなぁ。水で地面が掘れるからね。顔を出すなら、あの辺りとか・・・。水が流れて地面が掘り返された跡があるし・・・。見つかるならこういう場所しか・・・な。い。

 

あ。

 

「ジム!これは?」(ペットボトルの水をかけてみる)

 

「OH! ミッション鉱山のターコイズ原石だ。」

 

「シェリー!モトがターコイズを見つけたぞー!」

 

0129-005.jpg

というわけで、見つけたミッション鉱山のターコイズ原石。(超!稀少)

探してみるものだ。もってるな〜オレ!

 

この後、シルバー(自然銀)の原石と何かしらの原石を数個見つけた。

帰国後、研磨したら販売するかも知れないですね。

 

0129-006.jpg

ミッションからツーソン郊外へ戻り、ジム達に別れを告げて撮影の残りをサボテンの見える高台(昨年と違う場所)で撮影。

イメージ通りに撮れているかは、帰国後のお楽しみか?また風が強くなった。

ドローンを身の丈ほどの高さに丘の上で上げたが、風に煽られて動画を撮影しながら足とに墜落(笑)だめだ。

空撮はここで断念。静止画で使えるかも知れない。

また、来年やってみよう。(風のない平日に)

 

フォアテイルズフォックス

 

19時になりました。明日は早朝ツーソン国際空港に向かいます。短めのクォーツサイト、ツーソンでしたが効率はMAX。

仕入れは文句なし!です。お楽しみに。

 

ブルームーンって、ホントに青いんだね・・・。

アメリカ ツーソンにて撮影(本日)一眼レフ、200mm望遠レンズ、シャッタースピード 1/4000s F3.6

 

 

 

 

 

ターコイズ放浪記6 - -
ターコイズ放浪記 6・ ケビンは何処(いずこ)?

 

クォーツサイトにいる予定のケビンさんに会えず、ツーソンで探すはめになった。

なん百倍も広い。さて。いろいろ聞いてはみたが、わからずじまい。

 

ふと、スーツケースを調べると、昨年あちこちに行った記録と名刺の束がそのままになっていた。

もしや?と調べると。

 

「あった!」

 

お店の名前がわかったので、ツーソン・ガイドを調べる。

えっと、、、ここから3分の距離にある会場のブースにいる!?(笑)まじか〜。。。

 

0128-004.jpg

 

彼は、チベット産の水入り水晶を持っている。去年、今年はお金持って来る!と約束していたのだ。

会場に向かうがOPENの1時間も前。ホテルの周りはまだあまり人がいない。

 

一回りしてみる。ブースナンバーは〜。この辺りかな?

「ん?」

 

「Hi!!! Moto!(^^)」

あ!ケビン(笑)

いた。

 

COME IN!

いいの?OPENまだでしょ?(笑)選び放題じゃん。え?ターコイズ原石?(^^;もうたくさん買ったからいらない。

今日は水入り水晶を買いに来きたんだよ。選んでいい?いくらでも買え???

 

0128-006.jpg

 

「いやいやw」もう、あちこちで買い物して来たから、そんなに手持ちのお金はないんだよ。

いくつか売ってくれる?OK? ありがとうw

これらは、帰国後ショップへ。

 

0128-005.jpg

 

まだ9時ちょっと。10時からOPENだから他に行ってみるか・・・。

 

0128-007.jpg

 

キノ(KINO)という会場に行ってみた。車で20分ほどの距離だ。

ダイヤモンド パシフィック社の巨大テントに顔を出す。

「ケビン!(この人も)去年はGPSが壊れた時に助けてくれてありがとう。」

白い恋人を渡す。(日本のフェイマスなクッキーだよっ)

他のスタッフも、あ〜!ジムとシェリーの日本の友人のMOTO!かw(笑)

「そうそうw」いつも、いろいろありがとう。

(こういうコミュニケーションは大事なのだ)

 

キノ(会場)を見に来たから、立ち寄ってみたんだ。じゃあ、他のブース見に行ってくるよ。

 

0128-008.jpg

KINOも広い。原石や骨がゴロゴロしてる。怪しいお店も多いw

隅っこの方で、ターコイズ屋を発見した。少し話してみるといい感じの人だ。

一生懸命に鉱山の説明を(知ってる)してくれるw

 

あ。これ・・・ダモル(ダマリ)Damele(日本ではダメイルと呼ばれる)ターコイズの原石!!!

そうそう。レアでしょ?レアだねw小さいのでも高いよね?でも、いくつか買ってもいい?

OK? Thank You!

いくつか3個ほど小さな原石を入手。

 

なんで、この店を信用したかというと品揃え。私は他の有名な鉱山のターコイズは見ればわかるから。本物だ。鉱山の説明も正しい。そうそう。。。って思いながら笑って聞いてる私w(英語だからね英会話)

 

ロイストンは、友人のディーンが、、、とか、彼が亡くなってとか。彼の兄弟の話や、レッドマウンテンのオーナーのランドルさんの話とか、アパッチのカレンさんの話をして知っているらしい。こういう繋がりのあるお店を見つけるのは本当に大変だが、繋がると心強い。在庫を抱えたようなものだw

ダマリはここにある。

 

もう、ウォレットがすっからかん!(笑)たくさん仕入れたなぁ・・・。

それ以上に、USAのターコイズ屋さんの在庫とつながったのは有意義だ。

 

1時間ほどで、ここをあとにする。一旦、モーテルへ戻ろうと思った。(この時は)

 

JOGS(ジョグズ)の横を通過(今年は寄らない。ここは危険だw)

 

と。そう言えばモーテルの近くにターコイズを売っている小さなブースがあったよな?

と、そのホテルに立ち寄る。

たしか、この辺りにあったような・・・。

 

あちこち覗いて歩いていると、見覚えのあるお店がある。あ、ここだ前に来たとこだ。

 

Hi! It’s good to see you again.

Do you remember me?

OH! Yes! Of couse!

 

Moto!!!(^^)

 

すげ!名前まで憶えていてくれたとは。

 

Can I see it?

YES!(^-^)Please!!!

 

ここには、いろんな鉱山のターコイズがありますね。

いくつか、購入させてもらえますか?予算はこのくらいですがw

 

OK! じゃあ、ピックアップするから言って。OKey!

 

じゃあ、このビズビー ターコイズ カボションと、こっちのビズビーを(笑)Nice One! YES!

このブルージェムとこれ、これも、そして、ホワイト エンジェル(バリサイト)に、それから、、、この鉱山は?タイロンの近くの鉱山で1850年〜1900年代前半に掘られた鉱山だよ。じゃこれも、あと、これとこれ。これも!(笑)

 

※ホワイト エンジェルは、バリサイトだが鉄分を含まずアパッチのような緑色をしていない。白いのだ。

 高いから1つだけ購入w

 

残りは、この原石(ブラック ダイヤモンド ターコイズ原石)を予算金額まで。

原石は100ドル分をおまけしてくれるの?

Wow!Thank You!

端数の32ドルもカット!?NICE!!!

値下げ交渉するまでもなく、友人価格ってことで値引きしてくださいました。

 

bkd0128-001.jpg

ブラック ダイヤモンド鉱山のターコイズ原石(初めて見た)黒い母岩と青いターコイズ。かっこいいカボションになると思う。

予約は受け付けません。ややこしくなるから(笑)カボションに仕上がり次第ショップにて販売ってことで・・・。

 

もう一つプレゼントするから選んでいいよ。こっちに来て。

どれを?この原石?セリロス鉱山の?これ、めちゃくちゃレアなターコイズですよ?しかもデカいよ?

いいの?え?鉱山主だからOKだ?

 

な、なにっw ニューメキシコのセリロス鉱山の鉱山主だぁ???(笑)

去年聞いたかなぁ?そんな話w

 

次回は?秋はツーソンに来ますか???え?秋は掘りにいくから来ない?年に一回だけなんだ。デンバーは?行かない?

じゃあ、また来年ですね。たくさん売ってお金持ちになって、ここにまた来ますw

 

いいね。MOTOが売って私も裕福になるwww来年また会おう!

 

こうして、デイトンさん(セリロス鉱山主)とお知り合いになりました。

 

0128-009.jpg

 

モーテルに戻りましたが、まだお昼前・・・。掃除前。

黒人のおばちゃんが隣の部屋の掃除をしている。

 

あ、いいよいいよ。おばちゃん、もうすぐ出かけるから大丈夫。そのまま続けてw

 

ツーソンの郊外へサボテンを撮影に。。。30分ほどして戻るとお部屋がきれいになっておりました。

掃除のおばちゃん、ありがとう。(行く前に会った)5ドルおいておいたw(通常はベットメイクは1ドル置いておく)

 

隣のデルタコまで徒歩で2分。お昼を買ってきて食べた。旨い。

水入り水晶、ターコイズ原石を1つずつ新聞紙でくるみ、ジップロックへ入れてまとめる。

これで、仕入れも完了。

 

1日余っちゃったなw あ。明日はツール屋さん探すかな?

 

フォアテイルズフォックス

 

0128-003.jpg

この道路は、自転車とシェアしています・・・という注意標識。

弾痕の方に注意したい気がする。

 

0128-002.jpg

撃ち抜いちゃいましたか・・・。でも、外しましたね・・・な弾痕のある、馬もここ通りますよ?という標識。ツーソン郊外じゃ当たり前なんだけど、穴だらけのものまである。日本だったら、ちょっとした騒ぎになってるよね・・・。

 

 

 

 

 

 

ターコイズ放浪記6 - -
| 1/3 | >>