フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ターコイズ フィシュフック(カウ・マンモー・ユニコーン)ペンダント

先日から、休み時間に制作してきたフィッシュフックですが、3点違う素材で完成しました。
通常ボーンカービングでは、牛の骨を用いることが多いようです。

ネイティブや、古代の自然崇拝では、お肉は食べて、革や骨も服や道具に作り変えたりすることで、生き物の命に感謝することが基本です。動物の骨や角を削ってワイルドなお守りを作るというのが、「ボーン カービング」で、身に着ける人の祈りや願いをかなえる魂のお守りと言われます。

大地に生きた生命の証が、骨や角であり「ものを大切にして最大限に利用する」そんな気持ちは、関西特有の「あとしまつ」と言われ、捨てることなく無駄なく材料を使いこなす文化にどこかしら似ている気がします。

現代社会は、ストレス社会ともいわれ目まぐるしく色んなことが日々変わっていきます。そんなストレス社会だからこそ、スローライフ、ナチュラル志向、ヒーリングや癒しの世界、魂の癒しのアイテムが多くの人々に必要とされ、「心を再生」して「笑顔を取り戻す」ためにも、心を豊かにして魂を見つめなおすための装飾品や装身具は必要なのだと思うのです。

心のこもったアクセサリーの温かみは、手にする人々を笑顔にします。「ニヤリ」「ニンマリ・・・。」「ウキウキ。」「ワクワク」・・・ふつふつと心の底から、湧き上がるなにかがそこにはあり、癒しに満たされた魂は再生しキズも癒え、そこには自然と笑顔が生まれます。

 
tqcb2-2.jpg
ターコイズ カウボーン フィッシュフック
Mineral Park Turquoise
cow.jpg
Cow
牛くんのお守り!
tqmam1-3.jpg
ターコイズ+マンモスの牙フィッシュフック
Sleeping Beauty Turquoise
tqfff2-4.jpg
Fang of Mammoth
マンモーの牙のお守り!絶大なパワー!!
tquni1-2.jpg
ターコイズ+ユニコーンの角フィッシュフック
Sleeping Beauty Turquoise
tqfff3-4.jpg
unicorn whale/Narwhal
伝説のユニコーンのお守りを身に纏う!!!

tqffp.jpg
「ターコイズ フィッシュフック シリーズ」(商品ページ)
※身に着けた時に、ワクワクできるお守り!それは、「魂を再生させる大切な癒しのアイテム」となります。

もともと、ターコイズを貼りつけた牛の骨(頭蓋骨)のターコイズ カウ ボーンという壁飾りの魔除けがあります。
これのペンダント版を制作したいな〜と漠然思っていたところ、ボーン カービングと言う技法を習得していたことをベランダで空を眺めている時に、ふと思い出しました。(無になった瞬間に、突然デザインが降りてくる系のヤツです)

ボーン カービングというのは、骨や角を削って作るお守りで、それは「レイマカウ」と呼ばれるポリネシアンスタイルの釣り針がモチーフです。

「レイマカウ」には神 が宿ると昔から言い伝えられ、身に着ける「守り神」としてだけでなく、現代では「幸運を招く物」としても親しまれています。この返しのある(刺さったら抜けない)特徴的な形から、訪れた幸せ(愛・恋人・ビジネスチャンス)を逃さないアイテムとして好まれる形です。

ターコイズは、空石(ソライシ)と呼んでいますが、身に着ける人を守ると言われる石です。市場の70%以上を偽物の、いわゆる「トルコ石」と和名で呼ばれる東南アジアや中国あたりから入ってくる色の怪しげな商品も数多く存在します。

USA産のターコイズには、それぞれの鉱山に素敵な物語があります。
ネイティブ(インディアン)に愛され、砂漠でみつかる貴重な青い石。

「虹の足元で生まれる」と、言われる青い石は親から子へと受け継がれ色も変わり、「成長する石」とされます。
「願いを込めて、川に投げればいつしか雨がやってくる(雨乞い)」、祈りを込めて、大切な人に持たせることで、「旅の守り、人生の守り石」となると言われています。

加工されていないターコイズが多孔石であることから、使う人の汗やタンパク質が染み込んでディープブルーになることは知られていますが、ナチュラルなターコイズは、市場で数十パーセントしか無い為、ターコイズの本物をしらない人が天然石屋さんで人工のトルコ石を買ったところで、そんな変化は起きません(笑)
さすが資本主義社会。日本に生きるという事は、我々は期せずして・・・ストレス社会に生きる運命なのですね・・・。

また、話がズレちゃいましたが・・・。

この神が宿ると言われる神聖なお守りフィッシュフックに、魔除けのカウボーン守護のターコイズを加えてベゼル部分を古代壁画のパーツ(銀)をつけたものが、今回の新作の「ターコイズ フィッシュフック シリーズ」となります。

トップ金具を取り外して、マクラメ編みに変更することで金属アレルギーが心配な方でも使えるモノにもできます。
(当店では、工房チップモンク(埼玉)にてマクラメ編みを別途費用にて制作オーダーが可能です。制作者が多忙の為、製品によっては数週間の制作期間を頂く場合がございます。)

もちろん、ターコイズ フィッシュフックは一生モノです。(数十万年の時を超えたマンモス牙からすれば、人の一生なんてほんの一瞬の出来事です)また、今回のフィッシュフックに限らず、シンプルな形の「ボーン系のナチュラル ペンダント」の制作も今後予定しています。


fourtailsfox

 
ターコイズ フィッシュフック - -
| 1/1 |