フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
本日研磨分のターコイズ、ロイストン、キングマン、アパッチ ターコイズ、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

本日研磨分のターコイズです。

 

0521-001.jpg

ロイストン ターコイズ 1点

キングマン ターコイズ 1点

アパッチ ターコイズ 3点(3種類の別原石から研磨)

中央1つは最高級のGem(ジェム)グレードです。

 

明日中には、ショップ「スカイストーン(空石)店」にアップしておきます。

 

フォアテイルズフォックス

 

暑くなってきました。昨日までは冷たい風が吹いていましたが今日は夏日。

5月病とはよく言ったもので、なんだか疲れがとれない気がします。

 

なにか、今週あたりにやろうと企画していますが、、、まだ、準備が整いません。
なんかって、なんだよ?といういつものレベル・・・。

 

まずは、イベントのタイトルを考えよう!!!

 

水の石・空の石 ターコイズ - -
モレンシ ターコイズ リング(サービス品)、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

さて。本日は、お休みですが、お約束のオマケのリング制作です。

 

0519-001.jpg

で、いきなり完成の・・・ですが、アームのデザインを変えてあります。

 

石は「モレンシ鉱山のターコイズ」を使いました。研磨機のとこにあったのでw

もちろん、すごくいいレアなやつですよ。

 

0519-002.jpg

石が小さめなので、タテ方向じゃなくてこれもヨコ向きになってしまいました。

もう一回り大きな石(カボション)だったらタテでも良かったかもしれません。

また、気が向いたら次回オーダーみてしてください。(笑)

 

0519-003.jpg

鳥の刻印は打ってあります。

羽根は自由の象徴と言われますが、「鳥」はなんだろう???

 

調べてみると、飛躍や上昇。なるほど。羽ばたくって意味でも良い意味のモチーフですね。

 

自由に空を羽ばたく鳥は、天空の使い、抑圧や束縛からの解放という意味合いもあるらしいですね。

 

0519-004.jpg

 

サイズ修正&リングデザイン変更完了!です。

 

これから季節も変わり、梅雨から初夏へ。。。衣替え&ニューアイテムでモチベも上昇!楽しくなりそうな予感!

 

ご依頼ありがとうございました。

 

月曜日に発送する予定です。

 

フォアテイルズフォックス

 

西三国(隣町)を散策してきました。マンションがどんどん増えて道路が拡張されて、途中パン屋さんなど増えていましたが商店街はシャッターが下りて貸店舗の表示も随分と増えています。店舗を構える=経費がかかるのでお店を継続するのは難しい世の中なのかも知れません。ネット社会が発達して時代も移り変わります。商品は量産化され価格は下がり、利益がなくなる。商品を売らずにコンテンツや知識は売る(〜教室)などが残り、個人の作家は利益がなく減少する。ハンドメイドもそうですが、1点モノを作る職人的な仕事は先がないお仕事になるのだろうと思います。いつまで出来るか、いつまでやるのか先行き不透明だな・・・と思う今日この頃です。安けりゃなんでもいいのなら、大手が勝つという世の中なのです。

 

商店街は、他人ごとではない風景のように思えてなりません。

 

 

 

 

 

水の石・空の石 ターコイズ - -
ターコイズ リング サイズ変更とデザインの変更、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

 

というわけで・・・。

昨日の続きです。

 

0517-010.jpg

刻印「鳥」を作ったので、いよいよリングサイズ&デザインの変更です。

 

0518-000.jpg

こんな感じのシンプルな甲丸リングでしたが。

 

0518-001.jpg
こうなりました。貴重なターコイズの重厚なデザイン リングです。

 

0518-002.jpg

アーム部分の設計図を作って(描いて)みました。中央の部分4mmは確定値です。

Xは石の実寸と縮尺を合わせて7.0mmとしました。

 

7〜8号(7.8号希望)なので長さは48(−5)mmで43mmとしました。(マイナス5mmはリング接地部の隙間の幅)

厚みは1.5〜2.0mmが希望ということなので1.5mm(女性用では珍しいかも)です。

通常作るのは1.2mm厚が多いです(私的には)。

しかしながら、これは個々のお好みなので、仕上げがずっしりしたリングになります。

 

0518-003.jpg

ネジネジ(ヨリ線)を作ります。

今回は石がやや小さめなので、Φ1.0mmではなく、Φ0.8mmを使いました。

 

0518-004.jpg

細いので、やり過ぎると千切れます(笑)いや、千切れるくらいまでしっかりとヨリます!

 

0518-005.jpg

石留めの覆輪の上部分を曲線の波模様を希望ということなので、これも作ります・・・。

2mm間隔で削っています。

 

0518-006.jpg

仕上がりはこんな感じです。ロウ付け後

 

0518-007.jpg

そこにヨリ線も合わせてロウ付けして作ります。(ピッタリと・・・ね)

 

0518-008.jpg

アーム部分は、1.5厚の板を43x7mmの幅で切り、なめして既定の位置に刻印を打ちます。

リング付け根(両端から5mm下)から図柄が始まるようにしています。

中央がおよそ4.0mmの幅になるように、斜めに切って削ります。

 

0518-009.jpg

丸めてリングにします。はじめは6号くらいで丸めて初めて叩きながら曲面がきれいになるように叩き8号くらいに調節します。

プラハン(プラスチック ハンマー)を使います。変形させる前や刻印を打ったあとは必ず「なまし処理」です。

銀は、変形硬化という性質も持ちます。この為、衝撃を与えたあとは堅くなっている・・・と考えてください。(参考までに)

 

0518-011.jpg

パーツを磨いてフチを落とし(面取り)、最下部は甲丸に近い形にヤスリます。

それぞれのパーツをロウ付けしてさらにヤスリ、リューターで磨いて仕上げていきます。

(粗目〜鏡面仕上げまで)希望が光沢(鏡面)仕上げということなので。

 

0518-012.jpg

石の向きは、ヨコ向き希望だったのでそのようにしてみました。

たしかに、置いて比べてみましたが、この石はヨコ向きが良い感じ(可愛い)かもしれません。

 

0518-013.jpg

最後にサイズ確認。7.8号ぐらいになっていればOK。。。

 

リングは着け心地が大事です。肌に吸い付いてはよろしくない。

内側を甲丸にするような削り方をすると空気が入りやすくて、着けやすく抜きやすい「使い心地の良いリング」になります。

面取り、内側の研磨や形、刻印も重要です。

 

近年の?切れる包丁は、穴がありますよね。空気が入るので刃に肉がつきにくいものです。

リングも太いものや厚いものは、ピッタリつけると不快なリングになります。最悪の場合は抜けなくなったり(−−;

 

リング内側の入口、出口の角を丁寧に落として、刻印などで内側に凹凸をつけておくと使い勝手が思いの外良かったりするのです。

 

このリングのサイズ変更とデザイン変更はこれで完了!ですが、、、

サービスでもう1つ、楕円形のターコイズ(無料)を使った同様のデザイン リングを1つ作りサービス(同梱)しておきます。

 

そちらは明日作って、2個まとめて週明けに発送しますね。

 

ご依頼ありがとうございました。

リングのイラスト、わかりやすかったです!

たくさんの珈琲までいただいて、ありがとうございました。(^^)

 

フォアテイルズフォックス

 

トマトの串揚げが食べたくて、プチトマトを沢山買い込んできた。

あとで、揚げて酒盛りだぁ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水の石・空の石 ターコイズ - -
刻印「鳥」を作れ!、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

リングのデザイン&サイズ変更の依頼です。

今日、いろいろ電話でお話して、欲しいデザインも理解できたと思います・・・。

たぶんね(笑)

 

で。とりあえず、リングのアームデザインを変更したい、サイズを変えたいとの話。

 

0517-002.jpg

石を外す工具を使ってターコイズに傷がつかないように爪を起こします。

インディアン ジュエリーでは、爪のないデザインもあるので全てこれが使えるわけでもありません。

臨機応変に・・・時には専用の工具を作るところからやらなきゃいけない事もあります。

 

0517-003.jpg

爪が全部起こせたので竹串などで石を外します。

 

で、変更するデザインのリングアームに「鳥」の模様を入れて欲しいという希望でした(できれば・・・ねw)

 

0517-005.jpg

なるほど、素敵なデザインですね。こんな感じの模様を入れたいとの話。

切り込むか、刻印で打つか=刻印を作るか。

 

どちらが、難しいか。

「刻印」だな・・・。

 

そんなわけで刻印「鳥」を作れ!のミッションです。(ここからは、自前の刻印を作る時の参考にしてください。)

 

まず! 金属で消しゴム・ハンコみたいなことができるの?って話ですよね。

金属=硬い(イメージ)だから、そんな事できるわけがない?ホントに?

これが、固定概念ってヤツですw

 

金属はその特性を知っていれば、切る削る変形させる結合するなどの加工ができるものです。

 

金属の棒を柔らかくする。熱したものを石膏に刺して1晩かけてゆっくりさましておきます。

この柔らかくしたモノが1本あったのでそれを糸鋸で切り(切れるんです)面を作ります。

 

0517-006.jpg

 

グラインダーで平らな面を作り、そこに鳥の形を削っていきます。(糸鋸やルーターなどを使って・・・ね)

穴は?焼き入れした尖った金属を万力で硬く固定した素材にあてて叩く!という方法で作ることが出来ます。

これら作業は、インディアン ジュエリーなどの工具を作る古典的な技法です。覚えておくと損はないと思います。

オリジナルの刻印が自作できるわけですから・・・。

 

0517-009.jpg

大まかな形を作ってから、微調整してゆくのです。

刻印(焼き入れしていない)をハンコ(朱肉)でスタンプしながらその形状を確認しながら作業します。

赤い矢印部分=修正して形を整えました。

 

0517-008.jpg

刻印の原型が仕上がったら、真っ赤になるまで一旦熱して水に浸けて急冷します。

刀鍛冶の「ジュ〜!」ってアレですね。

 

焼き入れ=鋼が硬くなる。(銀はその特性は逆で柔らかくなる、叩くと変形硬化する。)

 

0517-010.jpg

硬くなった「鳥」刻印で、柔らかくしたシルバーに打つ!(完成)

 

0517-007.jpg

実際はこのサイズ。「鳥」の刻印。ルーペを使いながら細い糸鋸(数種類)で削っていく。

これ1つで1時間くらいかかったかな?

 

左右逆向きなのは、イラストの原画を見ながら彫ったから(笑)これは良しとしてくださいw

 

これで、リングアームを作る準備は出来ました。この続きは明日ですね。

 

フォアテイルズフォックス

 

 

 

水の石・空の石 ターコイズ - -
アリゾナ州産ジェムシリカ、オレンジスパイニーオイスターターコイズ、ロイストン、アパッチ、スパイダーウェブ キングマン ターコイズ、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

やっと登録が終わりました。。。

 

gems029a.jpg

アリゾナ州産ジェムシリカ

 

ナチュラルストーンのページ

 

あ、、、そんなページも作りかけだったな・・・と振り返ってますw

 

あれ?「護石(守護)」のページって、出ていませんでしたっけ???

 

ターコイズのお守りの・・・。

 

これこれ・・・。

 

中身は、アリゾナ州 キングマン鉱山のターコイズ(本物)です。

もちろん、石は守ってくれません。自分なりの「思い」を込めてください。

祈りを込めてこそ「守りの石」となるのです。

 

Marie V (マリエファイブ) 06 ターコイズ に願いを込めて

昔、この曲をUSAで聞きながらドライヴしてました。

 

ターコイズに歌は、モンゴル800の「ターコイズ」は有名ですね。

それもUSAで聞きながら、ターコイズの買い付けに歩いていました。

 

どちらもiTunesでダウンロード(購入)できたと思います。

iPhoneで聞いていましたし。

 

ターコイズ原石(USA仕入れ)

どんなターコイズが目の前の道に現れるのか?

明日をも知れないこのイバラの道に・・・。

日々そんな思いでターコイズを研磨しています。

 

 

moj116a.jpgmoj117a.jpg

オレンジ スパイニー オイスター ターコイズ

 

ro347a.jpgro348a.jpg

ロイストン ターコイズ

 

ap059a.jpg

アパッチ ターコイズ

ブラック スタリオンもそうですが、黒い(黒く見える=濃い緑)ターコイズ(またはバリコイズ、バリサイト)は珍しいですね。

アパッチも濃いグリーンが有名ですが、時に黒く見えるこういう子が出ることがあります。

 

km603a.jpgkm604a.jpgkm605a.jpgkm606a.jpg

キングマン スパイダーウェブ ターコイズ

 

キングマン ターコイズ(青)にブラック ベイン。ベインの色はやや薄めですが、天然だから贅沢は言えないw

ただ、この青い部分と模様とブラックベインの比率が良い感じのものは、研磨してもなかなか思うように作れません。

私の個人的な意見ですが、、、青と黒のバランスの良い感じのカボションが好きですね。

 

ロイストン鉱山のターコイズを使ったペンダント。

もちろん、1点モノ。左右のパーツは、トゥーファーキャスト(鋳型に銀を流す)で制作しています。

 

 

 

フォアテイルズフォックス

 

いやいや、、、なんか。USAから帰国して全然iPhone使わなくなっちゃったんですよね。

見もしない(笑)なんででしょうね?フェイスブックも以前ほど面白くなくなっている気がします。

 

海外のある友人が、メッセンジャーにこんなことを書き込んでくれました。

 

「Motoさん、最近どうですか?私はあなたが私のフェイスブックの友人に載っていないことを知っています。フェイスブックのバグかもしれません、友達として追加することができませんでした。

 

(−−;え?フェイスブックなんて触ってもいないけどなwww

 

そこで、友達申請しなおしてみました。どうなんだろう?

出来たかな???

 

フェイスブックなんかなくても、私はあなたの友人です。(まだ見ぬ友人w)

 

私が、あなたの絵を購入したのはもう10年ほど前の話でしょうか?

 

タイトルは、「In the rain」

 

Lavennz Ooi

 

当時彼女は、マレーシアに住んでいました。(いまは、アメリカ)

たしか、専門学校に行きながら絵を描いて売っていた学生さんだったと記憶しています。

 

 

 

水の石・空の石 ターコイズ - -
| 1/947 | >>